シャーロックホームズ(454)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「孤独な自転車乗り」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1~23」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 (小文字は大文字の半分の数値とする )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



123410111213142021222324303132333440414243
44100101102103104110111112113114120121122123124130131132133134140141
142143144200201202203204210211212213214220221222223224230231232233234



(18)先に立つ男の103312は妙なものであった。変装用の黒鬚をむしって地べたに投げつけると、その下からすっきりした面長の青白い顔が1124134になる。そしてリヴォルヴァを構えて、ごろつきの方に狙いを付けるが、相手は手にした物騒な乗馬鞭を振り回しながら進み出てくる。「そうだ。」と一緒に来た男が言う。「ボブ・カラザズだ。絶対に彼女を助ける。22230130首になってもだ。言っただろ、彼女に手を出したら何をするか。だから主に誓って! その言葉を守ることにする。」「もう遅い、この女は俺の妻だ。」「いいや、君の未亡人だ。」 銃声がして、ウッドリの胴着の前から血がほとばしるのが見えた。男はうめきながらのたうち回り、11011314に倒れて、その恐ろしい赤ら顔が急に不気味な青と白のまだらに変わる。初老の男はまだ法衣を羽織っていたが、耳にしたこともないような呪詛の言葉を放ちながら、自分のリヴォルヴァを取り出した。ところが構えるより早く、視線の先にホームズの4120100の銃身が突きつけられる。「そこまでだ。」と友人の冷ややかな声。「拳銃を捨てろ! ワトソン、拾うんだ! それをやつの頭に! ありがとう。カラザズ、君もその拳銃をくれないか。もう暴力はいらない。さあ、渡すんだ!」「あなた何者なんです?」「僕の名はシャーロック・ホームズ。」「なっ!」「噂はお聞きでしょう。警察が来るまではその代わりを。こっちだ、君!」友人の声をかけた先には、おびえた馬番がいた。芝地のわきまで来ていたのだ。「来たまえ。この言伝を至急ファーナムまで。」友人は手帳を一枚破って数語書き付ける。「これを警察署長に。来るまでは、全員を私個人の監視下に置かねば。」 ホームズ独特の強烈な威厳がこの悲劇の場を圧倒してしまい、誰もが等しく112133130人形であった。 






                    〰 おもしろ「ことば変換」〰            

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(18)先に立つ男の応対は妙なものであった。変装用の黒鬚をむしって地べたに投げつけると、その下からすっきりした面長の青白い顔が露わになる。そしてリヴォルヴァを構えて、ごろつきの方に狙いを付けるが、相手は手にした物騒な乗馬鞭を振り回しながら進み出てくる。「そうだ。」と一緒に来た男が言う。「ボブ・カラザズだ。絶対に彼女を助ける。縛り首になってもだ。言っただろ、彼女に手を出したら何をするか。だから主に誓って! その言葉を守ることにする。」「もう遅い、この女は俺の妻だ。」「いいや、君の未亡人だ。」 銃声がして、ウッドリの胴着の前から血がほとばしるのが見えた。男はうめきながらのたうち回り、仰向けに倒れて、その恐ろしい赤ら顔が急に不気味な青と白のまだらに変わる。初老の男はまだ法衣を羽織っていたが、耳にしたこともないような呪詛の言葉を放ちながら、自分のリヴォルヴァを取り出した。ところが構えるより早く、視線の先にホームズの得物の銃身が突きつけられる。「そこまでだ。」と友人の冷ややかな声。「拳銃を捨てろ! ワトソン、拾うんだ! それをやつの頭に! ありがとう。カラザズ、君もその拳銃をくれないか。もう暴力はいらない。さあ、渡すんだ!」「あなた何者なんです?」「僕の名はシャーロック・ホームズ。」「なっ!」「噂はお聞きでしょう。警察が来るまではその代わりを。こっちだ、君!」友人の声をかけた先には、おびえた馬番がいた。芝地のわきまで来ていたのだ。「来たまえ。この言伝を至急ファーナムまで。」友人は手帳を一枚破って数語書き付ける。「これを警察署長に。来るまでは、全員を私個人の監視下に置かねば。」 ホームズ独特の強烈な威厳がこの悲劇の場を圧倒してしまい、誰もが等しく操り人形であった。



                                                                                                   SEP88_nomadocyu15221303.jpg


                                                           




                                            












 059.gif~ 明後日も見に来てね ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック