シャーロックホームズ(436)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「三枚の学生」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1~19」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 (小文字は大文字の半分の数値とする )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



123410111213142021222324303132333440414243
44100101102103104110111112113114120121122123124130131132133134140141
142143144200201202203204210211212213214220221222223224230231232233234



(20)「ごく簡単なことでございます、気づきさえすれば。ですがあなたさまの頭脳をもってしても、おわかりにはならなかったのですね。かつて、わたくしめはなつかしきギルクリストさま、この若さまのお父上の2233202でございました。旦那さまは落ちぶれ、わたくしめは使用人としてこの学寮に参りましたが、たとい零落したからといって、かつての雇い主のことは片時も忘れたことがございません。わたくしめは、かつてのよしみでできうる限りこのご子息を見守っておりました。ところが昨日この部屋に入ったとき、つまり呼び出されたときでございますが、初めに目に入ってきたのが椅子に置かれたギルクリストさまの革手袋で。その手袋には見覚えがございまして、その意味するところも理解致しました。ソウムズさまが見つけたらすべてはおしまいでございます。わたくしめはあの椅子に座り込み、ソウムズさまがあなたさまの元へ向かうまで、ぴくりとも動きませんでした。そのあと不憫(ふびん)な若さまが出ていらっしゃいましたので、わたくしめがひざまづいてすがりますと、すべてを白状してくださいました。若さまをお助けすることは、道理に反することでございましょうか。亡きお父上に代わって、そのような2032で人を出し抜いてはいけないと、お214022申し上げることが、理にかなわぬことなのでしょうか? それでもお咎め(とがめ)になりますか!」「するわけがない。」とホームズは暖かい声をかけ、212102よく立ち上がる。「さてソウムズ、これであなたのささやかな問題も晴れたかと。我々も朝食がうちで待っております。行こう、ワトソン! さて青年、君についても明るい未来がローデシアで待っていると信じている。一度は落ちた男が、将来どんな高みに上り33114131か、我らに見せつけるがいい。」


アーサー・コナン・ドイル Arthur Conan Doyle
大久保ゆう訳






                    〰 おもしろ「ことば変換」〰            

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(20)「ごく簡単なことでございます、気づきさえすれば。ですがあなたさまの頭脳をもってしても、おわかりにはならなかったのですね。かつて、わたくしめはなつかしきギルクリストさま、この若さまのお父上の執事でございました。旦那さまは落ちぶれ、わたくしめは使用人としてこの学寮に参りましたが、たとい零落したからといって、かつての雇い主のことは片時も忘れたことがございません。わたくしめは、かつてのよしみでできうる限りこのご子息を見守っておりました。ところが昨日この部屋に入ったとき、つまり呼び出されたときでございますが、初めに目に入ってきたのが椅子に置かれたギルクリストさまの革手袋で。その手袋には見覚えがございまして、その意味するところも理解致しました。ソウムズさまが見つけたらすべてはおしまいでございます。わたくしめはあの椅子に座り込み、ソウムズさまがあなたさまの元へ向かうまで、ぴくりとも動きませんでした。そのあと不憫な若さまが出ていらっしゃいましたので、わたくしめがひざまづいてすがりますと、すべてを白状してくださいました。若さまをお助けすることは、道理に反することでございましょうか。亡きお父上に代わって、そのような行為で人を出し抜いてはいけないと、お諭し申し上げることが、理にかなわぬことなのでしょうか? それでもお咎めになりますか!」「するわけがない。」とホームズは暖かい声をかけ、勢いよく立ち上がる。「さてソウムズ、これであなたのささやかな問題も晴れたかと。我々も朝食がうちで待っております。行こう、ワトソン! さて青年、君についても明るい未来がローデシアで待っていると信じている。一度は落ちた男が、将来どんな高みに上り詰めるか、我らに見せつけるがいい。」


アーサー・コナン・ドイル Arthur Conan Doyle
大久保ゆう訳

                                            








「三枚の学生」は終了しました。次回から「自転車乗りの影」です。お楽しみに。










 059.gif~ 明後日も見に来てね ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック