シャーロックホームズ(302)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「悪魔の足」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1~29」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( 小文字は大文字の半分の数値とする )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



123410111213142021222324303132333440414243
44100101102103104110111112113114120121122123124130131132133134140141
142143144200201202203204210211212213214220221222223224230231232233234



(26)ホームズはその上に屈みこんだ。「ブレンダ・トリジェニスですね」とホームズが言った。「そう、ブレンダ・トリジェニス」と、客人が答えた。「俺は何年もブレンダを愛してきた。ブレンダもまた何年も俺を愛してきた。それが、他人を不思議がらせたコーンワルでの214040140生活の秘密だよ。ここは、俺にとってこの世で唯一の愛しいものに近づける場所だったんだ。結婚はできなかった。俺には何年も前に出ていった妻があって、イギリスのふざけた法律では、いまだ離婚が許されない。ブレンダは何年も待った。俺もまた何年も待ったよ。自分たちを何が待ち受けているかも知らずに」スタンデールは猛烈な啜り(すすり)泣きに巨体を震わせて、111211124に染まった髭に隠れた喉を掴んだ。その後何とか自分を10214131と、話しつづけた。「牧師は知っていた。俺たちはあの人を信頼していた。あの人なら、ブレンダは地上に舞い降りた天使だと言ってくれただろう。それであの人は俺に電報を送り、俺は帰ってきたんだ。アフリカだの荷物だのが何だというんだ、最愛の人に降りかかった運命を聞いているというのに? ミスター・ホームズ、あんたが俺の行動について見落としているのはそこだ」「続きを」と、私の友人が言った。ドクター・スタンデールは紙包みをとりだして、テーブルの上に置いた。外側に、Radix pedis diaboli と書かれており、その下には毒薬という赤いラベルが貼られていた。スタンデールは包みを私のほうに押し出した。「そっちは医者なんだったな。この3261.532012について耳にしたことはあるか?」「魔足根! いいえ、まったく聞いたことがありませんね」「自分の専門知識を疑うには及ばんよ」と、スタンデール。「ブダの一研究所にある標本をのぞけば、ヨーロッパのどこにも見本がないはずだから。薬局方にも毒物学の22214014140にも出たことがない。この根は足に似た形をしているんだが、それが山羊の足にも人間の足にも見えるため、とある植物学者によってこの空想じみた名前がつけられたってわけさ。西アフリカの一地方では、薬草師どもが神裁用の毒として用い、連中の間で10211233にされている。





                    〰 おもしろ「ことば変換」〰            

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(26)ホームズはその上に屈みこんだ。「ブレンダ・トリジェニスですね」とホームズが言った。「そう、ブレンダ・トリジェニス」と、客人が答えた。「俺は何年もブレンダを愛してきた。ブレンダもまた何年も俺を愛してきた。それが、他人を不思議がらせたコーンワルでの隠遁生活の秘密だよ。ここは、俺にとってこの世で唯一の愛しいものに近づける場所だったんだ。結婚はできなかった。俺には何年も前に出ていった妻があって、イギリスのふざけた法律では、いまだ離婚が許されない。ブレンダは何年も待った。俺もまた何年も待ったよ。自分たちを何が待ち受けているかも知らずに」スタンデールは猛烈な啜り泣きに巨体を震わせて、斑に染まった髭に隠れた喉を掴んだ。その後何とか自分を抑えると、話しつづけた。「牧師は知っていた。俺たちはあの人を信頼していた。あの人なら、ブレンダは地上に舞い降りた天使だと言ってくれただろう。それであの人は俺に電報を送り、俺は帰ってきたんだ。アフリカだの荷物だのが何だというんだ、最愛の人に降りかかった運命を聞いているというのに? ミスター・ホームズ、あんたが俺の行動について見落としているのはそこだ」「続きを」と、私の友人が言った。ドクター・スタンデールは紙包みをとりだして、テーブルの上に置いた。外側に、Radix pedis diaboli と書かれており、その下には毒薬という赤いラベルが貼られていた。スタンデールは包みを私のほうに押し出した。「そっちは医者なんだったな。この調剤について耳にしたことはあるか?」「魔足根! いいえ、まったく聞いたことがありませんね」「自分の専門知識を疑うには及ばんよ」と、スタンデール。「ブダの一研究所にある標本をのぞけば、ヨーロッパのどこにも見本がないはずだから。薬局方にも毒物学の文献にも出たことがない。この根は足に似た形をしているんだが、それが山羊の足にも人間の足にも見えるため、とある植物学者によってこの空想じみた名前がつけられたってわけさ。西アフリカの一地方では、薬草師どもが神裁用の毒として用い、連中の間で秘密にされている。


                                                                                                   SEP88_nomadocyu15221303.jpg


                                                           「ユーキャンの国語の常識講座」を受けてみませんか。

本ブログは、漢字力をつけられるように、分からない語句があれば、ドラッグして、ウェブ検索し、調べられるようになっておりますが、これだけに満足せず、「国語の総合力もつけてみたい」と思ったことはありませんか?。そう思った人は、「ユーキャンの国語の常識講座」を受講されてみてはいかがでしょうか。受講すれば、漢字、語彙、文法、常識を学ぶことができ、学んだ知識や技能をいろんな場面で活かすことができます。活かしているうちに、会話、プレゼンテーションに自信を持つことができます。公式サイトには、「添削は6回、標準学習期間は6ヵ月、学習時間は1日15分~20分、日本語検定の受検も可能、一括払いで29,000円、分割払いで2,980円 × 10回」と書かれていますが、詳細をお知りになりたい人は、ユーキャンの国語の常識講座をクリックして、ご覧ください。よかったら、資料を請求されてみてはいかがでしょうか。








 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック