シャーロックホームズ(296)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「悪魔の足」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1~29」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( 小文字は大文字の半分の数値とする )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



123410111213142021222324303132333440414243
44100101102103104110111112113114120121122123124130131132133134140141
142143144200201202203204210211212213214220221222223224230231232233234



(20)だけど、念のためにひとつきりの窓を開けて、社会的価値のある2人の人物の早過ぎる死を回避しておこう。君は窓のそばにある肱(ひじ)掛椅子に座ってくれ。10314022333のある人間として、君がこの作業から縁を切るというのなら別だけれど。ああ、見届けるつもりなのかい? 君のことは分かっていると思っていたけどね、ワトスンくん。僕の椅子は、君の反対側に置こう。こうすれば、毒から同じ距離をとって、向かい合わせでいることができる。ドアは半開きにしておこう。この位置なら、お互いが見えるし、危険な兆候が表れたときには実験を中止することができる。質問は? よし、では例の粉末を――というか、その2011401412を――封筒から取り出して、燃え2111131ランプの上に置く。そら! さあ、ワトスン、座って123323を見よう」それからすぐのことだった。私が椅子に落ちつくよりも早く、重い、麝香のような香りをかいだ。かすかな、吐き気を催すような臭い。まさに1024011142しただけで、私の脳と想像力は自由を完全に失った。厚くて黒い雲が目の前で渦巻き、その雲の中に模糊とした超常的な恐怖が潜伏していることを、私の精神が告げていた。それは目にこそ見えなかったが、全神経に戦慄を広げていった。ぼんやりとした姿が暗い2014021113層の間を渦巻くように泳ぎ、その世界の住人がやってくるぞと脅迫し、警告している。言語に絶するその世界の住人は私の魂を吹き飛ばそうとする影だった。凍てつくような恐怖が私を捕らえた。髪が逆立つ。両眼が飛び出し、口は意によらずして開かれる。舌は、まるで革のように感じられる。まるで何かが折れてしまったかのように、私の頭の中は混乱していた。悲鳴を上げようとすると、しわがれ声のようなものが微かに聞こえてきた。それは私自身の声だったが、距離的にも感覚的にも遠く響いた。同時に、何とかこの状態から逃れようと、絶望の雲をつきとおしてホームズの顔を見た。白い、恐怖に強張った顔――まさに、私がこれまでに見てきた死の表情そのものだった。





                    〰 おもしろ「ことば変換」〰            

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(20)だけど、念のためにひとつきりの窓を開けて、社会的価値のある2人の人物の早過ぎる死を回避しておこう。君は窓のそばにある肱掛椅子に座ってくれ。分別のある人間として、君がこの作業から縁を切るというのなら別だけれど。ああ、見届けるつもりなのかい? 君のことは分かっていると思っていたけどね、ワトスンくん。僕の椅子は、君の反対側に置こう。こうすれば、毒から同じ距離をとって、向かい合わせでいることができる。ドアは半開きにしておこう。この位置なら、お互いが見えるし、危険な兆候が表れたときには実験を中止することができる。質問は? よし、では例の粉末を――というか、その残骸を――封筒から取り出して、燃え盛るランプの上に置く。そら! さあ、ワトスン、座って様子を見よう」それからすぐのことだった。私が椅子に落ちつくよりも早く、重い、麝香のような香りをかいだ。かすかな、吐き気を催すような臭い。まさに一嗅ぎしただけで、私の脳と想像力は自由を完全に失った。厚くて黒い雲が目の前で渦巻き、その雲の中に模糊とした超常的な恐怖が潜伏していることを、私の精神が告げていた。それは目にこそ見えなかったが、全神経に戦慄を広げていった。ぼんやりとした姿が暗い混濁層の間を渦巻くように泳ぎ、その世界の住人がやってくるぞと脅迫し、警告している。言語に絶するその世界の住人は私の魂を吹き飛ばそうとする影だった。凍てつくような恐怖が私を捕らえた。髪が逆立つ。両眼が飛び出し、口は意によらずして開かれる。舌は、まるで革のように感じられる。まるで何かが折れてしまったかのように、私の頭の中は混乱していた。悲鳴を上げようとすると、しわがれ声のようなものが微かに聞こえてきた。それは私自身の声だったが、距離的にも感覚的にも遠く響いた。同時に、何とかこの状態から逃れようと、絶望の雲をつきとおしてホームズの顔を見た。白い、恐怖に強張った顔――まさに、私がこれまでに見てきた死の表情そのものだった。


                                                                                                   SEP88_nomadocyu15221303.jpg


                                                           「ユーキャンの国語の常識講座」を受けてみませんか。

本ブログは、漢字力をつけられるように、分からない語句があれば、ドラッグして、ウェブ検索し、調べられるようになっておりますが、これだけに満足せず、「国語の総合力もつけてみたい」と思ったことはありませんか?。そう思った人は、「ユーキャンの国語の常識講座」を受講されてみてはいかがでしょうか。受講すれば、漢字、語彙、文法、常識を学ぶことができ、学んだ知識や技能をいろんな場面で活かすことができます。活かしているうちに、会話、プレゼンテーションに自信を持つことができます。公式サイトには、「添削は6回、標準学習期間は6ヵ月、学習時間は1日15分~20分、日本語検定の受検も可能、一括払いで29,000円、分割払いで2,980円 × 10回」と書かれていますが、詳細をお知りになりたい人は、ユーキャンの国語の常識講座をクリックして、ご覧ください。よかったら、資料を請求されてみてはいかがでしょうか。








 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック