シャーロックホームズ(285)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「悪魔の足」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1~29」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( 小文字は大文字の半分の数値とする )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



123410111213142021222324303132333440414243
44100101102103104110111112113114120121122123124130131132133134140141
142143144200201202203204210211212213214220221222223224230231232233234



(9)実際、ドクターは失神しかけて椅子に崩れこんだので、我々はその1121103までするところでした」「異常な――きわめて異常な事件だ!」とホームズは、立ちあがって帽子を手に取りながら言った。「思うに、今すぐトリダニック・ワーサまで出向いた方がよさそうです。正直なところ、最初からこれほどの奇妙な問題を提示した事件はちょっと記憶にありませんね」1日めの朝に行ったことはほとんど調査に12123しなかった。しかしながら、その手始めに3031433した出来事は、不吉な印象を私の記憶に残している。その悲劇が起きた場所への道のりは、曲がりくねった241112田舎道だった。途中、我々は四輪馬車の走行音が近づいてくるのを耳にしたため、13412によけて馬車が通りすぎるのを待った。馬車とすれ違ったとき、私は閉ざされた窓から視線を感じた。視線の元には、恐怖に歪み、薄ら笑いを浮かべた顔があった。動きのない眼差しや剥き(むき)出された歯が、恐怖に満ちた11122413322となって我々の120311113に焼き付けられた。「兄たちです!」と、唇を真っ白にしたモーティマー・トリジェニスが叫んだ。「ヘルストンに連れて行かれるのです」我々は、重々しく走る黒い四輪馬車を恐怖を込めて見送った。そして、彼らが奇妙な運命に遭遇した呪われた家へと足を向け直した。トリジェニス兄弟は広くて快適な家に住んでいた。コテージというよりも別荘ヴィラというべきもので、相当な庭があり、コーンワルの空の下、すでに春の草花で埋め尽くされていた。居間の窓は庭に面しており、そこから、モーティマー・トリジェニスによれば、真の恐怖で一瞬のうちに人の精神を吹き飛ばす邪悪なものが入ってきたに違いない。ホームズは花壇の間の道をゆっくりと考え込むようにして歩き、玄関に入った。ホームズは考え事に没頭していたので、私の記憶では、如雨露につまづいて中身をひっくり返し、我々の足元と庭の道をびしょぬれにしてしまった。部屋の中では、年老いたコーンワル人の家政婦、ミセス・ポーターに会った。この家政婦は若い女中の手を1人だけ借りながら、トリジェニス兄弟の求めに応えてきた。





                    〰 おもしろ「ことば変換」〰            

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(9)実際、ドクターは失神しかけて椅子に崩れこんだので、我々はその介抱までするところでした」「異常な――きわめて異常な事件だ!」とホームズは、立ちあがって帽子を手に取りながら言った。「思うに、今すぐトリダニック・ワーサまで出向いた方がよさそうです。正直なところ、最初からこれほどの奇妙な問題を提示した事件はちょっと記憶にありませんね」1日めの朝に行ったことはほとんど調査に寄与しなかった。しかしながら、その手始めに遭遇した出来事は、不吉な印象を私の記憶に残している。その悲劇が起きた場所への道のりは、曲がりくねった狭い田舎道だった。途中、我々は四輪馬車の走行音が近づいてくるのを耳にしたため、脇によけて馬車が通りすぎるのを待った。馬車とすれ違ったとき、私は閉ざされた窓から視線を感じた。視線の元には、恐怖に歪み、薄ら笑いを浮かべた顔があった。動きのない眼差しや剥き出された歯が、恐怖に満ちた幻となって我々の網膜に焼き付けられた。「兄たちです!」と、唇を真っ白にしたモーティマー・トリジェニスが叫んだ。「ヘルストンに連れて行かれるのです」我々は、重々しく走る黒い四輪馬車を恐怖を込めて見送った。そして、彼らが奇妙な運命に遭遇した呪われた家へと足を向け直した。トリジェニス兄弟は広くて快適な家に住んでいた。コテージというよりも別荘ヴィラというべきもので、相当な庭があり、コーンワルの空の下、すでに春の草花で埋め尽くされていた。居間の窓は庭に面しており、そこから、モーティマー・トリジェニスによれば、真の恐怖で一瞬のうちに人の精神を吹き飛ばす邪悪なものが入ってきたに違いない。ホームズは花壇の間の道をゆっくりと考え込むようにして歩き、玄関に入った。ホームズは考え事に没頭していたので、私の記憶では、如雨露につまづいて中身をひっくり返し、我々の足元と庭の道をびしょぬれにしてしまった。部屋の中では、年老いたコーンワル人の家政婦、ミセス・ポーターに会った。この家政婦は若い女中の手を1人だけ借りながら、トリジェニス兄弟の求めに応えてきた。


                                                                                                   SEP88_nomadocyu15221303.jpg


                                                           「ユーキャンの漢字検定合格講座」を受けてみませんか。
 
本ブログは、到達目標や定着テストが設けられている訳ではありません。そこで、よかったら、漢検(日本漢字能力検定)を受験されてみてはいかがでしょうか。受験すれば、具体的な目標を持つことができるし、自分のレベルが何級レベルか見極めることができます。そして、合格すれば、客観的評価を受けることもできます。そのための教材、講座はいくつもありますが、「ユーキャンの漢字検定合格講座」なら、診断テストや過去問を分析した問題集が用意されているので、漢検対策は万全です。大手の会社の通信講座なので、自信を持っておすすめできます。公式サイトには「標準受講期間は6ヵ月、レッスン数は60、一括払いで29,000円、分割払いで2,980円 × 10回、添削回数は6回」と書かれていますが、詳細は、ユーキャンの漢字検定講座をクリックして、ご覧ください。








 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436561120

この記事へのトラックバック