シャーロックホームズ(277)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「悪魔の足」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1~29」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 (小文字は大文字の半分の数値とする )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



123410111213142021222324303132333440414243
44100101102103104110111112113114120121122123124130131132133134140141
142143144200201202203204210211212213214220221222223224230231232233234



(1)ミスター・シャーロック・ホームズとの親しい友情関係もずいぶん長く続いている。その中で見聞きした面白い体験や112303を時に応じて記録してきたが、ホームズ自身が宣伝行為を嫌っていたために公表にあたっては常々困難と直面してきた。内向的で2214012433なホームズにとって、大衆の称賛はいつだって1414010すべきものだった。また成功に終わった事件についても、警察関係者に事件の341210133を任せてしまい、見当違いの方向に送られる21140202の大合唱に冷笑を浮かべながら耳を傾けるのを何よりの愉しみにしていた。ここ数年記録をほとんど公にしていなかったのは、実際のところ、ホームズのこの態度が原因で、決して面白い題材を欠いていたわけではない。私は、ホームズの冒険に参加したりする特権を持っていたけれども、それは思慮と沈黙を私に負わせるものでもあったのだ。だから、あのとき私はかなり驚いた。先の火曜日、ホームズからきた電報に――ホームズは電報の届くところに手紙を書くような人間ではない――こんなことが書いてあったのだ。コーンワル ノ キョウフ ヲ コウヒョウセヨ――ボクガ テガケタ モットモ キミョウナ ジケン ヲ.どんなきっかけからこの事件を思い出したのか、そしてどんな酔狂から公表されるべきだと望んだのかは分からない。だが急いで――ホームズからキャンセルの電報がくるかもしれない――この事件の詳細を正確に書き記したノートを探し出し、読者諸氏にその物語を聞かせよう。あれは、そう、1897年の春、ホームズの鋼の体にも翳り(かげり)が見られるようになった。きわめて厄介な依頼が連続的にやってきたこともあるし、おそらくは時折やらかす無茶の数々に拍車をかけられたのだろう。その年の3月、ハーレー街のドクター・ムーア・アガー――この人とホームズとの14412341241出会いについてはそのうちお話することがあるかもしれない――はこの有名な私立探偵に、全事件を凍結して完全な休息に身を12221144よ、さもなくば確実に体を壊すであろう、という強い勧告を与えた。





                    〰 おもしろ「ことば変換」〰            

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(1)ミスター・シャーロック・ホームズとの親しい友情関係もずいぶん長く続いている。その中で見聞きした面白い体験や回想を時に応じて記録してきたが、ホームズ自身が宣伝行為を嫌っていたために公表にあたっては常々困難と直面してきた。内向的で辛辣なホームズにとって、大衆の称賛はいつだって嫌悪すべきものだった。また成功に終わった事件についても、警察関係者に事件の摘発を任せてしまい、見当違いの方向に送られる賛辞の大合唱に冷笑を浮かべながら耳を傾けるのを何よりの愉しみにしていた。ここ数年記録をほとんど公にしていなかったのは、実際のところ、ホームズのこの態度が原因で、決して面白い題材を欠いていたわけではない。私は、ホームズの冒険に参加したりする特権を持っていたけれども、それは思慮と沈黙を私に負わせるものでもあったのだ。だから、あのとき私はかなり驚いた。先の火曜日、ホームズからきた電報に――ホームズは電報の届くところに手紙を書くような人間ではない――こんなことが書いてあったのだ。コーンワル ノ キョウフ ヲ コウヒョウセヨ――ボクガ テガケタ モットモ キミョウナ ジケン ヲ.どんなきっかけからこの事件を思い出したのか、そしてどんな酔狂から公表されるべきだと望んだのかは分からない。だが急いで――ホームズからキャンセルの電報がくるかもしれない――この事件の詳細を正確に書き記したノートを探し出し、読者諸氏にその物語を聞かせよう。あれは、そう、1897年の春、ホームズの鋼の体にも翳りが見られるようになった。きわめて厄介な依頼が連続的にやってきたこともあるし、おそらくは時折やらかす無茶の数々に拍車をかけられたのだろう。その年の3月、ハーレー街のドクター・ムーア・アガー――この人とホームズとの劇的な出会いについてはそのうちお話することがあるかもしれない――はこの有名な私立探偵に、全事件を凍結して完全な休息に身を委ねよ、さもなくば確実に体を壊すであろう、という強い勧告を与えた。


                                                                                                   SEP88_nomadocyu15221303.jpg


                                                           「ユーキャンの速読講座」を受けてみませんか。

あなたは「速読ができるようになったら…」と思ったことはありませんか? 体験談などによれば、「速読ができるようになると、思考や決断が速くなり、処理能力も伸びる」とあります。そうであるなら、本ブログも読みが速くなるだけでなく、解読も速くなりそうです。解読が速くなれば、集中的に漢字の読み、綴りの記憶を強化できるようになります。他にも読書量が増える、速いスピードで試験問題を読むことができる、情報を収集できるなど、いろいろメリットがありそうです。速読スキルを身につけるための教室、講座、教材はたくさんありますが、「ユーキャンの速読講座」なら、費用が安く、内容が充実しているので、おすすめです。公式サイトには、「標準学習期間は3ヵ月、添削は5回、眼球を動かす、視野を広げる、小説文を早読みをするなどの練習で3倍速を目指す、費用は38,000円」と書かれていますが、3倍速であれば、初心者の方でも実現可能かと思われます。詳しくは、ユーキャンの新・速読講座をクリックして、ご覧ください。よかったら、資料を請求してみてくださいネ。








 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436528024

この記事へのトラックバック