シャーロックホームズ(223)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「空き家の冒険」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1~25」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 (小文字は大文字の半分の数値とする )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



123410111213142021222324303132333440414243
44100101102103104110111112113114120121122123124130131132133134140141
142143144200201202203204210211212213214220221222223224230231232233234



(17)手には、杖のようにみせかけているものを持っていた。そしてそれを床に横たえた。ガランという金属音が鳴った。その時彼のオーバーコートのポケットからかさばったものを引っ張り出し、バネかボルトがきっちりはまったような大きく鋭いカチッという音が終わるまで彼は忙しくしていた。まだ床にしゃがんでいる彼は前にかがみ、彼の体重と力をいくつかのレバーに掛けた。長くギリギリという引く雑音がして最後に力強いカチッという音がした。彼が立ち上がったそのとき私は彼の手にあるのは奇妙で不恰好な台じりを持つ短い銃であることを見た。彼はその銃の銃尾を開き何かを入れ銃尾の部分がパチンとなった。それから、しゃがみこみ、銃身のはしを開いている窓の棚のところに乗せた。そして私は彼の長い口ひげが銃底に掛り、彼の片目が2261.5320261140をのぞきこんだとき光った。彼が肩に台じりを抱え前方の22112の先に黄色い場所の黒い男である奇妙な10261.533412を見たとき私は満足そうな小さいため息を聞いた。ちょっとの間、しばらく彼は硬直し動かなかった。その時彼の指がトリガーをきつく締めた。奇妙で大きなビューという音と長く壊れたガラスの澄んだチリンチリンという音が鳴った。その瞬間ホームズはトラのように射撃手の後ろに飛び掛り彼の顔に平手打ちを浴びせた。彼はその瞬間われに返ると痙攣している力でホームズの喉をぐいとつかんだ。しかし私がリボルバーの底で彼を頭を打ったので再び床に倒れた。私は彼を打ち倒しそして彼を捕まえているとき私の仲間が1423412を鋭く鳴らした。110303道路の上を走ってくるがちゃがちゃした音を感じた。平服の探偵ととも制服を着た二人の警官が入り口を通って部屋の中に入ってきた。「レストレードかい?」とホームズがいった。「はい、ホームズさん。私は2261.513113を全うしていますよ。ロンドンに戻って来てくれてうれしいであります」





                    〰 おもしろ「ことば変換」〰            

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(17)手には、杖のようにみせかけているものを持っていた。そしてそれを床に横たえた。ガランという金属音が鳴った。その時彼のオーバーコートのポケットからかさばったものを引っ張り出し、バネかボルトがきっちりはまったような大きく鋭いカチッという音が終わるまで彼は忙しくしていた。まだ床にしゃがんでいる彼は前にかがみ、彼の体重と力をいくつかのレバーに掛けた。長くギリギリという引く雑音がして最後に力強いカチッという音がした。彼が立ち上がったそのとき私は彼の手にあるのは奇妙で不恰好な台じりを持つ短い銃であることを見た。彼はその銃の銃尾を開き何かを入れ銃尾の部分がパチンとなった。それから、しゃがみこみ、銃身のはしを開いている窓の棚のところに乗せた。そして私は彼の長い口ひげが銃底に掛り、彼の片目が照準をのぞきこんだとき光った。彼が肩に台じりを抱え前方の視界の先に黄色い場所の黒い男である奇妙な標的を見たとき私は満足そうな小さいため息を聞いた。ちょっとの間、しばらく彼は硬直し動かなかった。その時彼の指がトリガーをきつく締めた。奇妙で大きなビューという音と長く壊れたガラスの澄んだチリンチリンという音が鳴った。その瞬間ホームズはトラのように射撃手の後ろに飛び掛り彼の顔に平手打ちを浴びせた。彼はその瞬間われに返ると痙攣している力でホームズの喉をぐいとつかんだ。しかし私がリボルバーの底で彼を頭を打ったので再び床に倒れた。私は彼を打ち倒しそして彼を捕まえているとき私の仲間が警笛を鋭く鳴らした。舗装道路の上を走ってくるがちゃがちゃした音を感じた。平服の探偵ととも制服を着た二人の警官が入り口を通って部屋の中に入ってきた。「レストレードかい?」とホームズがいった。「はい、ホームズさん。私は職務を全うしていますよ。ロンドンに戻って来てくれてうれしいであります」


                                                                                                   SEP88_nomadocyu15221303.jpg


                                                           「ユーキャンの速読講座」を受けてみませんか。

あなたは「速読ができるようになったら…」と思ったことはありませんか? 体験談などによれば、「速読ができるようになると、思考や決断が速くなり、処理能力も伸びる」とあります。そうであるなら、本ブログも読みが速くなるだけでなく、解読も速くなりそうです。解読が速くなれば、集中的に漢字の読み、綴りの記憶を強化できるようになります。他にも読書量が増える、速いスピードで試験問題を読むことができる、情報を収集できるなど、いろいろメリットがありそうです。速読スキルを身につけるための教室、講座、教材はたくさんありますが、「ユーキャンの速読講座」なら、費用が安く、内容が充実しているので、おすすめです。公式サイトには、「標準学習期間は3ヵ月、添削は5回、眼球を動かす、視野を広げる、小説文を早読みをするなどの練習で3倍速を目指す、費用は38,000円」と書かれていますが、3倍速であれば、初心者の方でも実現可能かと思われます。詳しくは、ユーキャンの新・速読講座をクリックして、ご覧ください。よかったら、資料を請求してみてくださいネ。








 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック