シャーロックホームズ(222)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「空き家の冒険」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1~25」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( 小文字は大文字の半分の数値とする )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



123410111213142021222324303132333440414243
44100101102103104110111112113114120121122123124130131132133134140141
142143144200201202203204210211212213214220221222223224230231232233234



(16)再び完全な静けさの中私は12313133した激しい興奮を表現する薄い歯擦音を聞いた。とっさに彼は私を部屋の最も暗い隅へひきもどした。私の口に警告を発する手を感じた。私をぐいとつかむ指はぶるぶる震えていた。私は友人がこれほど動揺したのを見たことがない。それなのに暗い通りはまだ211122213伸びていて私たちの前を動かなかった。しかし突然私が彼の鋭い感覚がすでに捕らえたものに気づいた。低いひそかな音がベーカー通りの方向ではなく私たちがちょうど隠れてうずくまっている家の後ろから私の耳に聞こえてきた。ドアが開きそして閉まった。足音は通路を忍足で進んだ。歩き振りからして静かにするつもりだったようだが空家中を112112201134130に反響した。ホームズは壁を背にしてうずくまり、私もリボルバーの取っ手に手を近づけながら同様にうずくまった。暗がりを通して一部現れたはっきりしない開いたドアの暗さより黒い影の男の輪郭を見た。少しの間立ちつくした。それからそろりと歩をすすめ、身をかがめ、危険をふりまきながら部屋に入ってきた。彼は私たちから3ヤード内にいた。この不吉な姿。彼が私たちの面前にいるなんて思いもしないと2140131以前に私は彼の飛び出しに出会うことに緊張していた。彼はわたしたちのそばを横切り窓をこっそり近づき大変やさしく雑音が出ないよう半フィートほど開いた。この窓を開けたところまで身をかがめると、通りの明かりが、もはや誇りっぽいガラスを通してぼやけてではなく、はっきりと彼の顔をてらしだした。その男は興奮しているように見えた。彼の二つの目は星のように輝き彼の顔の一部は痙攣(けいれん)していた。彼は年老い1212434いて高く突き出た鼻を持ち禿た額と大きな白髪混じりの口ひげを蓄えた男だった。オペラハットは頭の後ろの方に追いやられていた。夜会用シャツがオーバーコードの前の開いたところから、かすかに白く光っていた。深く残忍さのしわを刻んだ彼の顔は20313061.53として日に焼けていた。





                    〰 おもしろ「ことば変換」〰            

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(16)再び完全な静けさの中私は抑圧した激しい興奮を表現する薄い歯擦音を聞いた。とっさに彼は私を部屋の最も暗い隅へひきもどした。私の口に警告を発する手を感じた。私をぐいとつかむ指はぶるぶる震えていた。私は友人がこれほど動揺したのを見たことがない。それなのに暗い通りはまだ寂しく伸びていて私たちの前を動かなかった。しかし突然私が彼の鋭い感覚がすでに捕らえたものに気づいた。低いひそかな音がベーカー通りの方向ではなく私たちがちょうど隠れてうずくまっている家の後ろから私の耳に聞こえてきた。ドアが開きそして閉まった。足音は通路を忍足で進んだ。歩き振りからして静かにするつもりだったようだが空家中を耳障りに反響した。ホームズは壁を背にしてうずくまり、私もリボルバーの取っ手に手を近づけながら同様にうずくまった。暗がりを通して一部現れたはっきりしない開いたドアの暗さより黒い影の男の輪郭を見た。少しの間立ちつくした。それからそろりと歩をすすめ、身をかがめ、危険をふりまきながら部屋に入ってきた。彼は私たちから3ヤード内にいた。この不吉な姿。彼が私たちの面前にいるなんて思いもしないと悟る以前に私は彼の飛び出しに出会うことに緊張していた。彼はわたしたちのそばを横切り窓をこっそり近づき大変やさしく雑音が出ないよう半フィートほど開いた。この窓を開けたところまで身をかがめると、通りの明かりが、もはや誇りっぽいガラスを通してぼやけてではなく、はっきりと彼の顔をてらしだした。その男は興奮しているように見えた。彼の二つの目は星のように輝き彼の顔の一部は痙攣していた。彼は年老い痩せていて高く突き出た鼻を持ち禿た額と大きな白髪混じりの口ひげを蓄えた男だった。オペラハットは頭の後ろの方に追いやられていた。夜会用シャツがオーバーコードの前の開いたところから、かすかに白く光っていた。深く残忍さのしわを刻んだ彼の顔は荒涼として日に焼けていた。


                                                                                                   SEP88_nomadocyu15221303.jpg


                                                           「ユーキャンの漢字検定合格講座」を受けてみませんか。
 
本ブログは、到達目標や定着テストが設けられている訳ではありません。そこで、よかったら、漢検(日本漢字能力検定)を受験されてみてはいかがでしょうか。受験すれば、具体的な目標を持つことができるし、自分のレベルが何級レベルか見極めることができます。そして、合格すれば、客観的評価を受けることもできます。そのための教材、講座はいくつもありますが、「ユーキャンの漢字検定合格講座」なら、診断テストや過去問を分析した問題集が用意されているので、漢検対策は万全です。大手の会社の通信講座なので、自信を持っておすすめできます。公式サイトには「標準受講期間は6ヵ月、レッスン数は60、一括払いで29,000円、分割払いで2,980円 × 10回、添削回数は6回」と書かれていますが、詳細は、ユーキャンの漢字検定講座をクリックして、ご覧ください。








 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック