シャーロックホームズ(202)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「まだらのひも」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1~27」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 (小文字は大文字の半分の数値とする )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



123410111213142021222324303132333440414243
44100101102103104110111112113114120121122123124130131132133134140141
142143144200201202203204210211212213214220221222223224230231232233234



(23)九時頃、木立から漏れていた明かりが消えて、ストーク・モランの方向は121112に包まれた。二時間が静かに過ぎ、そして時計が十一時を打つと同時に、ふと、正面右の方に、合図の明かりが灯された。「合図か。」ホームズが立ち上がる。「真ん中の窓だ。」出かけにホームズは宿の主人と言葉を1113422、これから32202140を訪問するが都合によっては向こうに泊まるかもしれない、と告げた。しばらくすると暗い道に出て、冷たい風がさっと頬をなでる。前方の闇の中には、黄色い灯が木立を抜けて、我々を不気味な使命へと導く。庭の塀が崩れていたので、難なく敷地の中へ入れた。木々のあいだをかいくぐると芝地に出た。通り過ぎて窓から中へ入ろうとしたとき、突然、14416.514220261の茂みの中からおぞましい怪物のようなものが飛び出し、草の上を転がった後、そのまま芝地を通り過ぎて闇の中へ駆け込んでしまった。「なんと!」私は息を呑む。「見たか今の?」ホームズもそのときは動揺したらしく、私の手をぎゅっと握りしめたが、すぐと忍び笑いをはじめて、私に112112332した。「結構な家族だ。」とホームズはつぶやく。「ヒヒだよ。」博士のかわいがっていた奇妙なペットのことをど忘れしていた。豹もいる。ひょっとすると、次の瞬間にはそいつが肩にかみついているかもしれないのだ。ホームズの真似をして靴を脱ぎ、窓から寝室へ入り込んだとき、正直ほっとした。我が友人は音を立てぬよう鎧戸を閉め、ランプを卓上に移して、部屋の中を見渡した。昼間見たときと変わりはない。それからホームズは私のそばへ22100221寄り、両手でトランペットをこしらえ、私の耳にやっと聞こえるほどの小さい声でささやいた。「かすかな1201001040が計画を台無しにする。」分かったと私はうなずく。「明かりを消して、じっとする。通風口から漏れて、さとられるおそれが。」もう一度うなずく。





                    〰 おもしろ「ことば変換」〰            

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(23)九時頃、木立から漏れていた明かりが消えて、ストーク・モランの方向は闇に包まれた。二時間が静かに過ぎ、そして時計が十一時を打つと同時に、ふと、正面右の方に、合図の明かりが灯された。「合図か。」ホームズが立ち上がる。「真ん中の窓だ。」出かけにホームズは宿の主人と言葉を交わし、これから知人を訪問するが都合によっては向こうに泊まるかもしれない、と告げた。しばらくすると暗い道に出て、冷たい風がさっと頬をなでる。前方の闇の中には、黄色い灯が木立を抜けて、我々を不気味な使命へと導く。庭の塀が崩れていたので、難なく敷地の中へ入れた。木々のあいだをかいくぐると芝地に出た。通り過ぎて窓から中へ入ろうとしたとき、突然、月桂樹の茂みの中からおぞましい怪物のようなものが飛び出し、草の上を転がった後、そのまま芝地を通り過ぎて闇の中へ駆け込んでしまった。「なんと!」私は息を呑む。「見たか今の?」ホームズもそのときは動揺したらしく、私の手をぎゅっと握りしめたが、すぐと忍び笑いをはじめて、私に耳打ちした。「結構な家族だ。」とホームズはつぶやく。「ヒヒだよ。」博士のかわいがっていた奇妙なペットのことをど忘れしていた。豹もいる。ひょっとすると、次の瞬間にはそいつが肩にかみついているかもしれないのだ。ホームズの真似をして靴を脱ぎ、窓から寝室へ入り込んだとき、正直ほっとした。我が友人は音を立てぬよう鎧戸を閉め、ランプを卓上に移して、部屋の中を見渡した。昼間見たときと変わりはない。それからホームズは私のそばへ忍び寄り、両手でトランペットをこしらえ、私の耳にやっと聞こえるほどの小さい声でささやいた。「かすかな物音が計画を台無しにする。」分かったと私はうなずく。「明かりを消して、じっとする。通風口から漏れて、さとられるおそれが。」もう一度うなずく。


                                                                                                   SEP88_nomadocyu15221303.jpg


                                                           「ユーキャンの速読講座」を受けてみませんか。

あなたは「速読ができるようになったら…」と思ったことはありませんか? 体験談などによれば、「速読ができるようになると、思考や決断が速くなり、処理能力も伸びる」とあります。そうであるなら、本ブログも読みが速くなるだけでなく、解読も速くなりそうです。解読が速くなれば、集中的に漢字の読み、綴りの記憶を強化できるようになります。他にも読書量が増える、速いスピードで試験問題を読むことができる、情報を収集できるなど、いろいろメリットがありそうです。速読スキルを身につけるための教室、講座、教材はたくさんありますが、「ユーキャンの速読講座」なら、費用が安く、内容が充実しているので、おすすめです。公式サイトには、「標準学習期間は3ヵ月、添削は5回、眼球を動かす、視野を広げる、小説文を早読みをするなどの練習で3倍速を目指す、費用は38,000円」と書かれていますが、3倍速であれば、初心者の方でも実現可能かと思われます。詳しくは、ユーキャンの新・速読講座をクリックして、ご覧ください。よかったら、資料を請求してみてくださいネ。








 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432569051

この記事へのトラックバック