シャーロックホームズ(148)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「唇のねじれた男」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜28」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(22)街では早起きの連中がちょうど窓から顔を出し始める頃で、我々の馬車はサリィ州の町並みを抜けていった。ウォータルー橋通りを突っ切って、川を渡り、ウェリントン街を走り、そこで右折、そして気がついたらボウ街にいた。シャーロック・ホームズは警察にも顔が利いて、入口前で二名の巡査が924226821をした。そのうちのひとりが馬の口を取り、もうひとりがなかへと案内してくれた。「当直は誰だね?」とホームズは訊ねる。「ブラッドストリート警部です。」「ああ、ブラッドストリート、調子はいかがかね?」背が高く533162のでかい警官が、石の敷かれた通路をやってくる。271112のある帽子に、65140ひもの付いた上着を身につけている。「内密の話がしたいのだが、ブラッドストリート。」「よろしいですとも、ホームズ先生。部屋へお入りください。」 そこは小さく役所然とした部屋で、卓上には大きな56217(38)3があり、壁からは電話が突き出ていた。警部は机の向こうに腰を下ろす。「わしにできることなら何なりと、ホームズ先生。」「お願いというのは、あの乞食のことで、ブーン――リーのネヴィル・シンクレア氏12(18)153への関与を目されている男だ。」「おお、やつなら出頭させて、取り調べ延長で再10340(37)3されとります。」「そうらしい。ここにいるのかね?」「留置場に。」「おとなしく?」「まあ、手はかからんです。でも汚くてなあ。」「汚い?」「ええ、手しか洗わせてくれんので、顔は職人みたく真っ黒で。まあ、事件に片が付いたら、刑務所で定期的に風呂に入るんでしょうが。そうだ、一目ご覧になれば、その必要があると、わしと同じ考えになりますよ。」「それはひどく会いたいものだな。」「そうなさいますか? お安いご用です。こちらへどうぞ。荷物はそのままで結構ですよ。」





                    〰 おもしろ「ことば変換」 〰            


下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(22)街では早起きの連中がちょうど窓から顔を出し始める頃で、我々の馬車はサリィ州の町並みを抜けていった。ウォータルー橋通りを突っ切って、川を渡り、ウェリントン街を走り、そこで右折、そして気がついたらボウ街にいた。シャーロック・ホームズは警察にも顔が利いて、入口前で二名の巡査が敬礼をした。そのうちのひとりが馬の口を取り、もうひとりがなかへと案内してくれた。「当直は誰だね?」とホームズは訊ねる。「ブラッドストリート警部です。」「ああ、ブラッドストリート、調子はいかがかね?」背が高く図体のでかい警官が、石の敷かれた通路をやってくる。庇のある帽子に、飾りひもの付いた上着を身につけている。「内密の話がしたいのだが、ブラッドストリート。」「よろしいですとも、ホームズ先生。部屋へお入りください。」 そこは小さく役所然とした部屋で、卓上には大きな台帳があり、壁からは電話が突き出ていた。警部は机の向こうに腰を下ろす。「わしにできることなら何なりと、ホームズ先生。」「お願いというのは、あの乞食のことで、ブーン――リーのネヴィル・シンクレア氏失踪への関与を目されている男だ。」「おお、やつなら出頭させて、取り調べ延長で再勾留されとります。」「そうらしい。ここにいるのかね?」「留置場に。」「おとなしく?」「まあ、手はかからんです。でも汚くてなあ。」「汚い?」「ええ、手しか洗わせてくれんので、顔は職人みたく真っ黒で。まあ、事件に片が付いたら、刑務所で定期的に風呂に入るんでしょうが。そうだ、一目ご覧になれば、その必要があると、わしと同じ考えになりますよ。」「それはひどく会いたいものだな。」「そうなさいますか? お安いご用です。こちらへどうぞ。荷物はそのままで結構ですよ。」


                                                                                                   SEP88_nomadocyu15221303.jpg


                                                           「ユーキャンの速読講座」を受けてみませんか。

あなたは「速読ができるようになったら…」と思ったことはありませんか? 体験談などによれば、「速読をマスターすれば、思考や決断が速くなり、処理能力も伸びる」とあります。そうであるなら、本ブログも読みが速くなるだけでなく、解読も速くなりそうです。解読が速くなれば、集中的に漢字の読み、綴りの記憶を強化できるようになります。他にも、読書量が増える、速いスピードで入試等の問題を読むことができるなど、いろいろメリットがありそうです。よかったら、あなたもスキルを身につけられてはいかがでしょうか。そのための教室、講座、教材はたくさんありますが、「ユーキャンの速読講座」なら、費用が安く、内容が充実しているので、おすすめです。公式サイトには、「標準学習期間は3ヵ月、添削は5回、眼球を動かす、視野を広げる、小説文を早読みをするなどの練習で3倍速を目指す、費用は38,000円」と書かれていますが、3倍速であれば、初心者の方でも実現可能かと思われます。詳しくは、ユーキャンの新・速読講座をクリックして、ご覧ください。よかったら、資料を請求してみてくださいネ。



 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック