シャーロックホームズ(143)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「唇のねじれた男」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜28」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(17)「何なりと。」「わたくしのことはお気兼ねなく。騒いだりしませんし、気もしっかりしております。先生の、15(18)17(38)821ご意見を伺いたいだけなのです。」「して、その内容は?」「先生、本心では、ネヴィルは生きているとお考えですか。」 シャーロック・ホームズはその問いかけに1045448しているようだった。「率直に、あの!」と161632かける依頼人。絨毯に立ったまま一心に見つめるので、ホームズも柳の145398椅子にもたれかかる。「率直に、ということなら、2215713。」「死んでいるとお思いで。」「ええ。」「殺されて?」「言い切れませんが、おそらくは。」「では、いつ亡くなったのでしょう。」「月曜に。」「でしたら、先生なら、こちらの意味もご説明いただけるでしょうか。今日、あの人からの手紙を受け取ったんです。」 シャーロック・ホームズは椅子から飛び上がった。あたかも電気が走ったかのようだった。「何と!」とホームズはうなる。「ええ、今日なんです。」依頼人は立ったまま口元をゆるめ、どうしていいかわからないというふうに、一切れの紙を示した。「見てもよろしいですか?」「どうぞ。」 矢も楯もたまらず紙をつかみ取り、ホームズはそれを卓上に広げ、ランプをかざして、食い入るようにあらためた。私も席を立って、ホームズの肩越しに眺めた。283203の材質も悪く、押されてあるのはグレイヴズエンドの消印で、まさに日付は本日、いや昨日か、42252はとうに過ぎていた。「字が荒い。」とホームズがつぶやく。「とすると、これは配偶者の筆跡ではない、そうですね?」「ええ、でも中身は。」「もうひとつわかるのは、その誰かしらは、封筒に宛名を書いてから、いったん住所を調べに出た。」「どういう意味でしょう。」





                    〰 おもしろ「ことば変換」 〰       


下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(17)「何なりと。」「わたくしのことはお気兼ねなく。騒いだりしませんし、気もしっかりしております。先生の、率直なご意見を伺いたいだけなのです。」「して、その内容は?」「先生、本心では、ネヴィルは生きているとお考えですか。」 シャーロック・ホームズはその問いかけに困惑しているようだった。「率直に、あの!」と畳みかける依頼人。絨毯に立ったまま一心に見つめるので、ホームズも柳の安楽椅子にもたれかかる。「率直に、ということなら、否です。」「死んでいるとお思いで。」「ええ。」「殺されて?」「言い切れませんが、おそらくは。」「では、いつ亡くなったのでしょう。」「月曜に。」「でしたら、先生なら、こちらの意味もご説明いただけるでしょうか。今日、あの人からの手紙を受け取ったんです。」 シャーロック・ホームズは椅子から飛び上がった。あたかも電気が走ったかのようだった。「何と!」とホームズはうなる。「ええ、今日なんです。」依頼人は立ったまま口元をゆるめ、どうしていいかわからないというふうに、一切れの紙を示した。「見てもよろしいですか?」「どうぞ。」 矢も楯もたまらず紙をつかみ取り、ホームズはそれを卓上に広げ、ランプをかざして、食い入るようにあらためた。私も席を立って、ホームズの肩越しに眺めた。封筒の材質も悪く、押されてあるのはグレイヴズエンドの消印で、まさに日付は本日、いや昨日か、零時はとうに過ぎていた。「字が荒い。」とホームズがつぶやく。「とすると、これは配偶者の筆跡ではない、そうですね?」「ええ、でも中身は。」「もうひとつわかるのは、その誰かしらは、封筒に宛名を書いてから、いったん住所を調べに出た。」「どういう意味でしょう。」





                                                                       




 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック