シャーロックホームズ(133)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪あold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgりがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は、西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「唇のねじれた男」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜28」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵
                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─        




下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(7)あの建物の裏には跳ね上げ式の出口があって、ポールズ28203の角がそばなのだが、あそこに口がついていれば、月のない夜、何が通っているのか何か不思議な話でもしてくれるかもしれぬ。」「何と!まさか死体のことかね?」「さよう、死体だ。ワトソン、あの阿片窟で、1444221男が死に追いやられるたびに一〇〇〇ポンドもらえるとしたら、我々は56228503になれる。河岸地区全体でも最低最悪の52508の馬車で、僕もネヴィル・シンクレアが入ったきり出てこないのではと心配している。ところで、我々の馬車がここにあるはずだ。」ホームズは両の人差し指を歯に差し入れ、鋭く笛を鳴らす――遠くの方から同じ笛の音で応答の合図があり、6456418入れずに続くのは轍(わだち)の音と蹄(ひづめ)の音。「さあ、ワトソン。」とホームズが言うと、薄闇を抜けて、高さのある軽装二輪(ドッグ・カート)が飛び出してきて、両脇についた角灯(ランタン)から漏れる黄色い光が、金の筋を引いてゆく。「ついてくるだろう?」「お役に立てるなら。」「うむ、頼りになる12633がいれば常にありがたい。記録してくれるとあってはなおさらだ。シーダーズ荘にある僕用の部屋には、寝台がふたつあったな。」「シーダーズ荘?」「ああ、そこがシンクレア氏の自宅だ。捜査のあいだ居候している。」「場所は?」「ケント州リーの近く。馬車で七マイルの道のりだ。」「しかし、まだ何も見えないのだが。」「むろんそうだろう。じきにみなわかる。ここに上がりたまえ。ご苦労、ジョン、ふたりで大丈夫だ。半クラウンをやろう。明日、一一時頃にまた頼む。手綱をゆるめて、さらばだ、それ!」ホームズが馬に3317を振るうと、馬車は走り出し、どこまでも続く薄暗くさびれた通りを過ぎてゆく。徐々に道幅が広がり、やがて手すりのついた広い橋に差し掛かって、ゆっくりと流れるよどんだ川を越える。





                    〰 おもしろ「ことば変換」 〰       


下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(7)あの建物の裏には跳ね上げ式の出口があって、ポールズ埠頭の角がそばなのだが、あそこに口がついていれば、月のない夜、何が通っているのか何か不思議な話でもしてくれるかもしれぬ。」「何と!まさか死体のことかね?」「さよう、死体だ。ワトソン、あの阿片窟で、哀れな男が死に追いやられるたびに一〇〇〇ポンドもらえるとしたら、我々は大富豪になれる。河岸地区全体でも最低最悪の地獄の馬車で、僕もネヴィル・シンクレアが入ったきり出てこないのではと心配している。ところで、我々の馬車がここにあるはずだ。」ホームズは両の人差し指を歯に差し入れ、鋭く笛を鳴らす――遠くの方から同じ笛の音で応答の合図があり、間髪入れずに続くのは轍(わだち)の音と蹄(ひづめ)の音。「さあ、ワトソン。」とホームズが言うと、薄闇を抜けて、高さのある軽装二輪(ドッグ・カート)が飛び出してきて、両脇についた角灯(ランタン)から漏れる黄色い光が、金の筋を引いてゆく。「ついてくるだろう?」「お役に立てるなら。」「うむ、頼りになる相棒がいれば常にありがたい。記録してくれるとあってはなおさらだ。シーダーズ荘にある僕用の部屋には、寝台がふたつあったな。」「シーダーズ荘?」「ああ、そこがシンクレア氏の自宅だ。捜査のあいだ居候している。」「場所は?」「ケント州リーの近く。馬車で七マイルの道のりだ。」「しかし、まだ何も見えないのだが。」「むろんそうだろう。じきにみなわかる。ここに上がりたまえ。ご苦労、ジョン、ふたりで大丈夫だ。半クラウンをやろう。明日、一一時頃にまた頼む。手綱をゆるめて、さらばだ、それ!」ホームズが馬に鞭を振るうと、馬車は走り出し、どこまでも続く薄暗くさびれた通りを過ぎてゆく。徐々に道幅が広がり、やがて手すりのついた広い橋に差し掛かって、ゆっくりと流れるよどんだ川を越える。





                                                                       




 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック