シャーロックホームズ(99)

 

ご来訪ありがとうございます。本ブログが初めてであれば、「はじめに」をお読みくfad99a27d37320dec4c57b4c8e09bad9_s.jpgださい。ところで、あなたは漢字の綴りが書けたら、あるいは、語彙が豊富だったら、と思ったことはありませんでしたか ‥ 。本ブログは、「小説文中の漢字を数列に置き換えておけば、訪問者は、変換表と数字の並び方をヒントに「数列を漢字の読みに直し、直した読みを漢字の綴りに直してくれるのではないか」という発想から生まれたものです。数列を解読しながら、小説を読み進めていくうちに、漢字の綴りを覚えることができ、語彙を豊かにすることができます。

さて、このブログはどこに面白さがあるだろうか。‥ それは「数列の区切り方」と「ストーリー」にある、と思う ‥ 。

解読は、数列を漢字の読みに変換するところ、数列を区切る ?!?!?!? ところから始まりますが、区切るのはそんなに単純ではありません。いろんな区切り方があるので、迷います。しかも、区切り方を間違えると、意味不明で脈絡のない文字列ができるので、思わず苦笑してしまいます。 ﹏ ≻_≺  それでも「数列にどんなことば(漢字混じりの語)が入るのか」推測するのは楽しい~♪。
すなわち、「語彙力、解析力、推測力、直感力」で数列分割するところに、「パズルとしての面白さ」があります。

今回お届けする小説文は「シャーロックホームズ物語」です。論理的に書かれた推理小説ですが、その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけどノスタルジーを感じられるところに、そして、探偵業を生業とするホームズが友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士といっしょに事件を解決するところに、「ストーリーとしての面白さ」があります。

本日の小説文はその中の「五つのオレンジの種(28回出題)」です。あらすじ・解説を読みたい人は「オレンジの種五つ」をクリックしてください。ネタバレになりますが、数列抜きの問題文を読みたい人は、おもしろ「ことば変換」の文をお読みください。

前後の句や文脈によっては、その数列にどんなことばが入るか推測できる場合があります 。推測できるかどうか確認の上、解読してみてください。

<収録作品(目次)>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三人の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

          ─〰〰  本日の問題  〰〰─        872685m.jpg


下の変換表を見ながら、数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869

(1)82年から90年の間のシャーロック・ホームズの事件に関する覚書や記録に目を通すと、私の目の前には多くの不思議な、おもしろい特徴を示すものがあって、どれを取り、どれを捨てるか見分けるのは易しいことではない。しかし、新聞を通して既に世間に知られているものもあり、また、そうした新聞が60(38)312(36)する対象となる、我が友が高度に所有するあの20812(37)な性質を生かす場がなかったものもある。さらに、彼の6145137技能を惑わし、物語としては始まりあって終わりなしと言うべきものもあり、部分的に解明されただけで、彼が大事にしている完璧な論理による証明よりも推測、推論に基づいて説明されているものもある。 しかし、この最後のものの一つに関しては完全には解明されておらず、おそらくこれからも解明されないだろう点があるのも事実だが、11261に珍しさが、また結末に驚くべきものがある事件なので、その顛末を語ってみたいのである。87年は興味の大小こそあれ、数多くの事件が私たちにもたらされ、私はその記録を保持している。この十二ヶ月に5581341項目を見ると、パラドール・チェンバーの冒険、家具倉庫の地下室に豪華なクラブを構えていたアマチュアこじき協会の事件、イギリス帆船ソフィー・アンダーソンの12(38)31218に関する事実、ウファ島の グライス・パターソン一家の奇妙な冒険、最後にカンバーウェル毒殺事件といった記述がある。

1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869


                   〰  おもしろ「ことば変換」〰               gatag-00013787.jpg

  
左下パーツ枠内に下の文をコピペし、好きな語を選択後、変換ボタンを押してみよう。変換語によっては面白いですよ。


(1)82年から90年の間のシャーロック・ホームズの事件に関する覚書や記録に目を通すと、私の目の前には 多くの不思議な、おもしろい特徴を示すものがあって、どれを取り、どれを捨てるか見分けるのは易しいことではない。しかし、新聞を通して既に世間に知られているものもあり、また、そうした新聞が描写する対象となる、我が友が高度に所有するあの特殊な性質を生かす場がなかったものもある。さらに、彼の分析技能を惑わし、物語としては始まりあって終わりなしと言うべきものもあり、部分的に解明されただけで、彼が大事にしている完璧な論理による証明よりも推測、推論に基づいて説明されているものもある。 しかし、この最後のものの一つに関しては完全には解明されておらず、おそらくこれからも解明されないだろう点があるのも事実だが、細部に珍しさが、また結末に驚くべきものがある事件なので、その顛末を語ってみたいのである。87年は興味の大小こそあれ、数多くの事件が私たちにもたらされ、私はその記録を保持している。この 十二ヶ月に属する項目を見ると、パラドール・チェンバーの冒険、家具倉庫の地下室に豪華なクラブを構 えていたアマチュアこじき協会の事件、イギリス帆船ソフィー・アンダーソンの消失に関する事実、ウファ島の グライス・パターソン一家の奇妙な冒険、最後にカンバーウェル毒殺事件といった記述がある。


上の文のことばの意味を調べたい人は、その部分をコピーしたままGoogleボタンを押し、検索枠にペーストしてください。


Google

;                                                                                     039416.jpg
                                                                                                                               








         
☆:.*+*.:+*.+:.+*+:::+::+:.  更新日は4の倍数日 .:+::+:::+*+.:+.*+:.*+*.:☆






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック