シャーロックホームズ(98)

 

ご来訪ありがとうございます。本ブログが初めてであれば、「はじめに」をお読みくfad99a27d37320dec4c57b4c8e09bad9_s.jpgださい。ところで、あなたは漢字の綴りが書けたら、あるいは、語彙が豊富だったら、と思ったことはありませんでしたか ‥ 。本ブログは、「小説文中の漢字を数列に置き換えておけば、訪問者は、変換表と数字の並び方をヒントに「数列を漢字の読みに直し、直した読みを漢字の綴りに直してくれるのではないか」という発想から生まれたものです。数列を解読しながら、小説を読み進めていくうちに、漢字の綴りを覚えることができ、語彙を豊かにすることができます。

さて、このブログはどこに面白さがあるだろうか。‥ それは「数列の区切り方」と「ストーリー」にある、と思う ‥ 。

解読は、数列を漢字の読みに変換するところ、数列を区切る ?!?!?!? ところから始まりますが、区切るのはそんなに単純ではありません。いろんな区切り方があるので、迷います。しかも、区切り方を間違えると、意味不明で脈絡のない文字列ができるので、思わず苦笑してしまいます。 ﹏ ≻_≺  それでも「数列にどんなことば(漢字混じりの語)が入るのか」推測するのは楽しい~♪。
すなわち、「語彙力、解析力、推測力、直感力」で数列分割するところに、「パズルとしての面白さ」があります。

今回お届けする小説文は「シャーロックホームズ物語」です。論理的に書かれた推理小説ですが、その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけどノスタルジーを感じられるところに、そして、探偵業を生業とするホームズが友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士といっしょに事件を解決するところに、「ストーリーとしての面白さ」があります。

本日の小説文はその中の「赤毛連盟(30回出題)」です。あらすじ・解説を読みたい人は「赤毛組合」をクリックしてください。ネタバレになりますが、数列抜きの問題文を読みたい人は、おもしろ「ことば変換」の文をお読みください。

前後の句や文脈によっては、その数列にどんなことばが入るか推測できる場合があります 。推測できるかどうか確認の上、解読してみてください。

<収録作品(目次)>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三人の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵

           ─〰〰  本日の問題  〰〰─        872685m.jpg


下の変換表を見ながら、数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869

(30)僕たちは以前に何度か小競り合いを経験したが、互いを見たことは一度もなかった。 顔はほとんど見なかったよ。見たかったのはあの男の膝だ。君も気づいていたろう、どれだけすりきれ、しわになり、汚れていたか。穴掘りの時間を語っていたね。残ったのは何のために穴を掘っているかという点だけだ。あの角を314640、シティーアンドサバーバン銀行が僕たちの友人の建物と隣り合っていることがわかっ て、問題を62918したぞ、と僕は思った。コンサートの後、君が家に帰ると、僕はスコットランドヤードに寄り、あの銀行の頭取を訪ね、結果は見ての通りだ。」「だがどうして今夜844561941とわかったんだね?」と私は尋ねた。「そうだね、連盟の事務所を閉めたということはもうジェイベズ・ウィルソン氏がいてもかまわないことを示していた--言い換えれば、連中はトンネルを完成させたんだ。ところがそいつはすぐさま利用することが645383だ、見つかるかもしれないし、金貨が移されるかもしれないからね。土曜日は彼らにとってほかの日より都合がいい、逃げるのに二日あるから。こうした理由すべてから、僕は連中が今夜来ると思ったのだ。」「見事に434540197に解決したね」と私は偽らざる感嘆とともに叫んだ。「とても長い鎖だが、すべての環から真実の24243が響いている。」「僕を退屈から救ってくれたよ」と彼はあくびをしながら答えた。「ああ!早くもそいつが近づいてくるのを感じる。僕の人生は2926345な存在から逃れようとする長く続く努力に費やされるんだ。こういうちょ っとした問題がそれを助けてくれるのさ。」「それでいて君は人類の恩人だよ」と私は言った。彼は肩をすくめた。「まあ、ことによると、とにかく多少は役に立っているのかな」と彼は言った。「ギュスターヴ・フローベールがジョルジュ・サンドに言っている通り、『人間は無である--仕事 がすべてだ。』」

1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869


                             〰  おもしろ「ことば変換」〰               gatag-00013787.jpg

  
左下パーツ枠内に下の文をコピペし、好きな語を選択後、変換ボタンを押してみよう。変換語によっては面白いですよ。


(30)僕たちは以前に何度か小競り合いを経験したが、互いを見たことは一度もなかった。 顔はほとんど見なかったよ。見たかったのはあの男の膝だ。君も気づいていたろう、どれだけすりきれ、しわになり、汚れていたか。穴掘りの時間を語っていたね。残ったのは何のために穴を掘っているかという点だけだ。あの角を曲がり、シティーアンドサバーバン銀行が僕たちの友人の建物と隣り合っていることがわかって、問題を解決したぞ、と僕は思った。コンサートの後、君が家に帰ると、僕はスコットランドヤードに寄り、あの銀行の頭取を訪ね、結果は見ての通りだ。」「だがどうして今夜企てるとわかったんだね?」と私は尋ねた。「そうだね、連盟の事務所を閉めたということはもうジェイベズ・ウィルソン氏がいてもかまわないことを示していた--言い換えれば、連中はトンネルを完成させたんだ。ところがそいつはすぐさま利用することが肝要だ、見つかるかもしれないし、金貨が移されるかもしれないからね。土曜日は彼らにとってほかの日より都合がいい、逃げるのに二日あるから。こうした理由すべてから、僕は連中が今夜来ると思ったのだ。」「見事に論理的に解決したね」と私は偽らざる感嘆とともに叫んだ。「とても長い鎖だが、すべての環から真実の音色が響いている。」「僕を退屈から救ってくれたよ」と彼はあくびをしながら答えた。「ああ!早くもそいつが近づいてくるのを感じる。僕の人生は平凡な存在から逃れようとする長く続く努力に費やされるんだ。こういうちょっとした問題がそれを助けてくれるのさ。」「それでいて君は人類の恩人だよ」と私は言った。彼は肩をすくめた。「まあ、ことによると、とにかく多少は役に立っているのかな」と彼は言った。 「ギュスターヴ・フローベールがジョルジュ・サンドに言っている通り、『人間は無である--仕事 がすべてだ。』」


Copyright(C)2006 coderati


上の文のことばの意味を調べたい人は、その部分をコピーしたままGoogleボタンを押し、検索枠にペーストしてください。


Google

;                                                                                     039416.jpg
                                                                                                                               








         
☆:.*+*.:+*.+:.+*+:::+::+:.  更新日は4の倍数日 .:+::+:::+*+.:+.*+:.*+*.:☆


「赤毛連盟」は終了しました。次回より「五つのオレンジの種」です。お楽しみに。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック