シャーロックホームズ(94)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。
初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪ありがとうございます。
物語は、「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「赤毛連盟」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜30」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵
                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─          antique01.png



下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(26)私は期待とともに神経を高ぶらせながら、突然の暗闇と地下室の1834168湿った空気の中で何か気のめいる、抑えつけられるようなものを感じていた。「退路は一つだけだ」と小声でホームズが言った。「すなわちあの家を通ってサクス-コバーグスクエアへ戻ることだ。僕が16254556ことをやってくれたろうね、ジョーンズ?」「玄関口に警部が一人、警官が二人1627しています。」「するとすべての穴をふさいだわけだ。それでは静かに待つばかりだ。」何という時間だったろう!後で記録を突き合わせるとほんの一時間十五分だったのに、私には夜はほとんど過ぎ行き、夜明けが訪れているにちがいない、と思われた。位置を変えるのをためらったため、手足が疲れ、こわばっていた。それでも神経の緊張は最高度に高まっていたし、聴覚は鋭敏になって仲間たちの静かな息遣いが聞こえるばかりでなく、大きなジョーンズのより深く、2649128吸い込む息と、銀行の重役のかぼそい、ため息のような音を聞き分けることもできた。私の位置からは箱越しに床の方向が見えた。突然、私の目が光のきらめきを捉えた。初めそれは石の30153の上の薄黄色の閃光にすぎなかった。それからそれは長くのびて27201352の黄色い線になり、それから544517(38)3も音もなく、裂け目が口をあけたように見え、手が一つ現れた。白い、女のような手 で、それが光の当たる小さな範囲の中心を探った。一分かそこら、その手は指をくねらせながら床から突き出ていた。それからそれは現れた時と同じように突然引っ込み、石の間の裂け目を示す一筋の薄黄色のきらめきを2555219再び真っ暗になった。しかしそれが134616を消したのはほんの束の間のことだった。






                    〰 おもしろ「ことば変換」〰        face-72-girl-lady-a.png

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(26)私は期待とともに神経を高ぶらせながら、突然の暗闇と地下室の冷たく湿った空気の中で何か気のめいる、抑えつけられるようなものを感じていた。「退路は一つだけだ」と小声でホームズが言った。「すなわちあの家を通ってサクス-コバーグスクエアへ戻ることだ。僕が頼んだことをやってくれたろうね、ジョーンズ?」「玄関口に警部が一人、警官が二人待機しています。」「するとすべての穴をふさいだわけだ。それでは静かに待つばかりだ。」何という時間だったろう!後で記録を突き合わせるとほんの一時間十五分だったのに、私には夜はほとんど過ぎ行き、夜明けが訪れているにちがいない、と思われた。位置を変えるのをためらったため、手足が疲れ、こわばっていた。それでも神経の緊張は最高度に高まっていたし、聴覚は鋭敏になって仲間たちの静かな息遣いが聞こえるばかりでなく、大きなジョーンズのより深く、激しく吸い込む息と、銀行の重役のかぼそい、ため息のような音を聞き分けることもできた。私の位置からは箱越しに床の方向が見えた。突然、 私の目が光のきらめきを捉えた。初めそれは石の舗装の上の薄黄色の閃光にすぎなかった。それからそれは長くのびて一筋の黄色い線になり、それから前兆も音もなく、裂け目が口をあけたように見え、手が一つ現れた。白い、女のような手で、それが光の当たる小さな範囲の中心を探った。一分かそこら、その手は指をくねらせながら床から突き出ていた。それからそれは現れた時と同じように突然引っ込み、石の間の裂け目を示す一筋の薄黄色のきらめきを除いて再び真っ暗になった。しかしそれが姿を消したのはほんの束の間のことだった。






                             elegant-floral-02.png



 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック