シャーロックホームズ(85)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。
初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪ありがとうございます。
物語は、「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネold-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpgーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「赤毛連盟」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜30」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵
                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─          antique01.png



下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(17)「一般に、」ホームズは言った、「2383なことほど、結局はそれほど不可解ではなかったことがわかるものだ。本当に難しいのは平凡な、特色のない犯罪だ。ちょうど平凡な顔が最も見分けにくいのと同じようにね。しかしこの件は5245158にやらなければなるまい。」「それで何をするつもりだね?」と私は尋ねた。「煙草を吸うんだ」と彼は答えた。「まずはパイプ三服の問題だから、五十分間僕に話しかけないように162533よ。」彼は椅子の上で丸くなり、やせた膝を鷹のような鼻のところまで引き上げ、目を閉じ、陶製の黒いパイプを奇妙な何か鳥のくちばしのように突き出して座っていた。私がうとうとしながら、彼も寝入ってしまったと思い込んだ時、彼は突然、9185645がついたというしぐさで椅子からパッと立ち上がり、パイプをマントルピースの上に置いた。「セントジェイムズホールで午後、サラサーテの演奏があるんだ」と彼は言った。「どうかな、ワトソン?君の患者は数時間君がいなくても大丈夫かな?」「今日は暇だよ。64552(36)6331118されることなどないんだ。」「では帽子をかぶって来たまえ。まずはシティーを通るから、途中で昼食にしてもいいね。ドイツ音楽が30328なプログラムだよ。イタリアやフランスのよりも僕の好みに合うんだ。内省的だし、僕は内省したいんだ。行こう!」私たちはアルダスゲイトまで地下鉄で行き、少し歩くと、その朝聞いた奇妙な物語の現場、サクス-コバーグスクエアに着いた。それはちっぽけな斜陽の地であり、二階建ての薄汚いレンガ造りの家々が四方から柵に610314216小さな空き地に面し、そこでは雑草だらけの芝生といくつかのしおれた月桂樹の茂みが煙漂う2501017の悪い大気に悪戦8203していた。





                     〰 おもしろ「ことば変換」〰        face-72-girl-lady-a.png

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(17)「一般に、」ホームズは言った、「異様なことほど、結局はそれほど不可解ではなかったことがわかるものだ。本当に難しいのは平凡な、特色のない犯罪だ。ちょうど平凡な顔が最も見分けにくいのと同じようにね。しかしこの件は迅速にやらなければなるまい。」「それで何をするつもりだね?」と私は尋ねた。「煙草を吸うんだ」と彼は答えた。「まずはパイプ三服の問題だから、五十分間僕に話しかけないように頼むよ。」彼は椅子の上で丸くなり、やせた膝を鷹のような鼻のところまで引き上げ、目を閉じ、陶製 の黒いパイプを奇妙な何か鳥のくちばしのように突き出して座っていた。私がうとうとしながら、彼も寝入ってしまったと思い込んだ時、彼は突然、決断がついたというしぐさで椅子からパッと立ち上がり、パ イプをマントルピースの上に置いた。「セントジェイムズホールで午後サラサーテの演奏があるんだ」と彼は言った。「どうかな、ワトソ ン?君の患者は数時間君がいなくても大丈夫かな?」「今日は暇だよ。患者に忙殺されることなどないんだ。」「では帽子をかぶって来たまえ。まずはシティーを通るから、途中で昼食にしてもいいね。ドイツ音楽が豊富なプログラムだよ。イタリアやフランスのよりも僕の好みに合うんだ。内省的だし、僕は内省したいんだ。行こう!」私たちはアルダスゲイトまで地下鉄で行き、少し歩くと、その朝聞いた奇妙な物語の現場、サクス-コバーグスクエアに着いた。それはちっぽけな斜陽の地であり、二階建ての薄汚いレンガ造りの家々が四方から柵に囲まれた小さな空き地に面し、そこでは雑草だらけの芝生といくつかのしおれた月桂樹の茂みが煙漂う居心地の悪い大気に悪戦苦闘していた。





                             elegant-floral-02.png



 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック