シャーロックホームズ(62)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。
初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪ありがとうございます。
物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英old-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpg国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「ボヘミアの醜聞」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜29」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵
                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─          antique01.png



下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(23)ただ彼女がほかの人を傷つけるのを2814257いるのだ、と。ホームズは寝椅子に起き直っていたが、その彼が空気が足りないというような身振りをするのが見えた。メイドが窓に駆け寄り、さっとあけた。同時に彼が片手を上げるのを見て、それを合図に私は「火事だ!」と叫ぶとともに筒を部屋に投げ込んだ。その言葉が私の口から出るやいなや、9456118している群集全体、身なりのいいのも悪いのも、馬丁も、女中も、みんなが一つになって「火事だ!」の叫びに加わった。もうもうとした濃い煙が部屋中に渦巻き、開いた窓からも立ち昇った。あわてて行きかう134616が見えたが、一瞬の後、虚報だといって皆を安心させるホームズの声が中から聞こえた。叫び声を上げる484512 ( 37 ) 3をすり抜けて私は通りの角へ行き、十分後にはありがたいことにホームズの腕が自分のそれに重ねられ、114447の現場から立ち去ることができた。彼は足早に、数分間というもの黙って歩き、私たちはエッジウェア街に通じる静かな通りへと曲がった。「実にうまくやってくれたねえ、博士」と彼は言った。「112103のできだったよ。申し分なしだ。」「写真はそこにあるのかい?」「どこにあるか知っている。」「それでどうやって見つけた?」「彼女が教えてくれたよ、そう言ったろう。」「私にはまだわからないよ。」「秘密にするつもりはないんだ」と彼は笑いながら言った。「話はまったく簡単なんだ。君はもちろん、 通りにいたのは全員ぐるだとわかったね。みんな今夜のために雇ったんだ。」「そうだろうと945203はついた。」「それから、けんかが突発した時、僕は手のひらにぬれた赤い塗料を少し仕込んでいた。




                    〰 おもしろ「ことば変換」〰        face-72-girl-lady-a.png

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。



(23)ただ彼女がほかの人を傷つけるのを防いでいるのだ、と。ホームズは寝椅子に起き直っていたが、その彼が空気が足りないというような身振りをするのが見えた。 メイドが窓に駆け寄り、さっとあけた。同時に彼が片手を上げるのを見て、それを合図に私は「火事だ!」と叫ぶとともに筒を部屋に投げ込んだ。その言葉が私の口から出るやいなや、見物している群集全体、身なりのいいのも悪いのも、馬丁も、女中も、みんなが一つになって「火事だ!」の叫びに加わった。もうもうとした濃い煙が部屋中に渦巻き、開いた窓からも立ち昇った。あわてて行きかう姿が見えたが、一瞬 の後、虚報だといって皆を安心させるホームズの声が中から聞こえた。叫び声を上げる群集をすり抜けて 私は通りの角へ行き、十分後にはありがたいことにホームズの腕が自分のそれに重ねられ、騒ぎの現場から立ち去ることができた。彼は足早に、数分間というもの黙って歩き、私たちはエッジウェア街に通じる静かな通りへと曲がった。「実にうまくやってくれたねえ、博士」と彼は言った。「最高のできだったよ。申し分なしだ。」「写真はそこにあるのかい?」「どこにあるか知っている。」「それでどうやって見つけた?」「彼女が教えてくれたよ、そう言ったろう。」「私にはまだわからないよ。」「秘密にするつもりはないんだ」と彼は笑いながら言った。「話はまったく簡単なんだ。君はもちろん、 通りにいたのは全員ぐるだとわかったね。みんな今夜のために雇ったんだ。」「そうだろうと見当はついた。」「それから、けんかが突発した時、僕は手のひらにぬれた赤い塗料を少し仕込んでいた。





                             elegant-floral-02.png



 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック