シャーロックホームズ(55)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。
初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪ありがとうございます。
物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英old-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpg国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「ボヘミアの醜聞」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜29」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵
                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─          antique01.png



下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(16)コートのボタンをやっと半分かけ、ネクタイは耳の下という御者だったが、馬具の金具はすべ てバックルから突き出ていた。それが止まらぬうちに彼女が玄関のドアから飛び出して乗り込んだ。僕にはその時チラッとしか見えなかったが、彼女は美しい女で、男がそのために死にかねない顔だった。『セントモニカ教会よ、ジョン、』彼女は叫んだ、『二十分で着いたら半ソブリンよ。』これはまったく逃すわけにいかないからね、ワトソン。走って追うべきか、ランドーの後ろにつかまるべきか、2768しているところへ通りを馬車が来るじゃないか。御者は何ともみすぼらしい乗客を二度も見直したが、僕は35458を言わさず飛び乗った。『セントモニカ教会、』僕は言った、『二十分で着いたら半ソブリンだ。』十二時二十五分前、もちろん何が行われようとしているか、明々白々だった。御者は飛ばしに飛ばした。僕もあんなに飛ばしたことはないくらいだが、彼らは僕たちの前にそこに着いていた。僕が18216時には馬車もランドーも玄関の前にあり、馬たちは湯気を立てていた。僕は26392を済ませ、教会の中へと急いだ。そこには僕が追ってきた二人と、どうやら彼らをいさめているらしい、サープリスを着けた牧師のほか、人っ子ひとりいなかった。三人とも1125645の前にかたまって立っていた。僕は教会に立ち寄ったひま人なら誰でもするように側廊をぶらぶらしていた。突然、驚いたことに、祭壇の三人がこちらへ振り向いて、ゴドフリー・ノートンが僕の方へ945342に走ってきた。『ありがたい』と彼は叫んだ。『君でいい。来てくれ!来てくれ!』『いったい何かね?』僕は尋ねた。




                    〰 おもしろ「ことば変換」〰        face-72-girl-lady-a.png

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。



(16)コートのボタンをやっと半分かけ、ネクタイは耳の下という御者だったが、馬具の金具はすべ てバックルから突き出ていた。それが止まらぬうちに彼女が玄関のドアから飛び出して乗り込んだ。僕にはその時チラッとしか見えなかったが、彼女は美しい女で、男がそのために死にかねない顔だった。『セントモニカ教会よ、ジョン、』彼女は叫んだ、『二十分で着いたら半ソブリンよ。』これはまったく逃すわけにいかないからね、ワトソン。走って追うべきか、ランドーの後ろにつかまるべきか、比較しているところへ通りを馬車が来るじゃないか。御者は何ともみすぼらしい乗客を二度も見直したが、僕は文句を言わさず飛び乗った。『セントモニカ教会、』僕は言った、『二十分で着いたら半ソブリンだ。』十二時二十五分前、もちろん何が行われようとしているか、明々白々だった。御者は飛ばしに飛ばした。僕もあんなに飛ばしたことはないくらいだが、彼らは僕たちの前にそこに着いていた。僕が着いた時には馬車もランドーも玄関の前にあり、馬たちは湯気を立てていた。僕は払いを済ませ、教会の中へと急いだ。そこには僕が追ってきた二人と、どうやら彼らをいさめているらしい、サープリスを着けた牧師のほか、人っ子ひとりいなかった。三人とも祭壇の前にかたまって立っていた。僕は教会に立ち寄ったひま人なら誰でもするように側廊をぶらぶらしていた。突然、驚いたことに、祭壇の三人がこちらへ振り向いて、ゴドフリー・ノートンが僕の方へ懸命に走ってきた。『ありがたい』と彼は叫んだ。『君でいい。来てくれ!来てくれ!』『いったい何かね?』僕は尋ねた。





                             elegant-floral-02.png



 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック