シャーロックホームズ(53)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。
初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪ありがとうございます。
物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英old-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpg国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「ボヘミアの醜聞」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜29」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵
                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─          antique01.png



下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(14)その後ろ側で注目すべきものは、廊下の窓に馬車小屋の上から届くことだけだった。歩いて回ってあらゆる視点から詳しく調べたが、ほかに52 ( 37 ) 3383なことには気づかなかった。それから僕が通りに沿ってぶらぶら行くと、思った通り馬屋がね、庭の一方の塀に沿った小道にあった。 馬丁に手を貸して馬の体をこすり、代わりに二ペンス、ハーフアンドハーフを一杯、刻み煙草を二杯分、 そしてアドラー嬢に関する情報を望みうる限りもらった。ちっとも興味ない半ダースもの近所の人たちのことは言うには及ばずだが、その一代記も聞かないわけにはいかなかったよ。」「それでアイリーン・アドラーはどうした?」と私は16532416。「ああ、あのあたりの男はみんな彼女にふられてしまった。彼女はこの448142上で最も37360な婦人だ。サ ーペンタインの馬屋ではみんなそう言う、例外なくね。彼女は静かに暮らし、コンサートで歌い、毎日五時に馬車で出て、七時きっかりに夕食に戻る。歌う時を除いて285645はめったにつきあいで出ない。たった 一人男が訪ねてくるが、それが頻繁だ。浅黒く、ハンサム、颯爽とした男で、必ず日に一度、いや二度来 ることもしばしばだ。イナー・テンプルのゴドフリー・ノートンという男だ。御者を親友にする利点がわかるね。彼を家までサーペンタインの馬屋から十回以上乗せてって、彼については何でも知っている。彼らから聞くべきことを聞いてしまうと、僕はブライオニ・ロッジの近くをぶらぶらとして、作戦計画の考慮にかかった。このゴドフリー・ノートンは明らかにこの問題の重要な因子だ。彼は弁護士だ。それはよくない17 ( 38 ) 3103だと思われた。




                    〰 おもしろ「ことば変換」〰        face-72-girl-lady-a.png

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。



(14)その後ろ側で注目すべきものは、廊下の窓に馬車小屋の上から届くことだけだった。歩いて回ってあらゆる視点から詳しく調べたが、ほかに重要なことには気づかなかった。それから僕が通りに沿ってぶらぶら行くと、思った通り馬屋がね、庭の一方の塀に沿った小道にあった。馬丁に手を貸して馬の体をこすり、代わりに二ペンス、ハーフアンドハーフを一杯、刻み煙草を二杯分、 そしてアドラー嬢に関する情報を望みうる限りもらった。ちっとも興味ない半ダースもの近所の人たちのことは言うには及ばずだが、その一代記も聞かないわけにはいかなかったよ。」「それでアイリーン・アドラーはどうした?」と私は尋ねた。「ああ、あのあたりの男はみんな彼女にふられてしまった。彼女はこの惑星上で最も優美な婦人だ。サ ーペンタインの馬屋ではみんなそう言う、例外なくね。彼女は静かに暮らし、コンサートで歌い、毎日五時に馬車で出て、七時きっかりに夕食に戻る。歌う時を除いて普段はめったにつきあいで出ない。たった 一人男が訪ねてくるが、それが頻繁だ。浅黒く、ハンサム、颯爽とした男で、必ず日に一度、いや二度来ることもしばしばだ。イナー・テンプルのゴドフリー・ノートンという男だ。御者を親友にする利点がわかるね。彼を家までサーペンタインの馬屋から十回以上乗せてって、彼については何でも知っている。彼らから聞くべきことを聞いてしまうと、僕はブライオニ・ロッジの近くをぶらぶらとして、作戦計画の考慮にかかった。このゴドフリー・ノートンは明らかにこの問題の重要な因子だ。彼は弁護士だ。それはよくない兆候だと思われた。





                             elegant-floral-02.png



 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック