シャーロックホームズ(46)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。
初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪ありがとうございます。
物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英old-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpg国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「ボヘミアの醜聞」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜29」をクリックしてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵
                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─          antique01.png



下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(7)ゆっくりとした重々しい足音が階段、そして4336に聞こえ、ドアのすぐ外で止まった。それから大きな、 有無を言わさぬノックの音がした。「どうぞ!」とホームズは言った。六フィート六インチはくだらない身長で、胸も四肢もヘラクレスのような男が入ってきた。その5036な服はイギリスでは悪趣味に近いものと見られる豪華さであった。ダブルのコートの袖口や胸には重厚なアストラカンの帯状のスラッシュがつけられ、肩には炎の色のシルクの裏地の濃紺のマントをかけ、燃えるような緑柱石一つからなるブローチで首に留めていた。ふくらはぎまで伸びて、最上部を贅沢な茶色の毛皮で飾ったブーツが、外観全体の与える16239のしない華やかな24512 ( 38 ) 3の仕上げとなっていた。つば広の帽子を手にしていたが、顔の上半分を横切り、頬骨にまだ達している黒い、目を隠す覆面をどうやらその瞬間まで直していたようで、部屋に入った時も手はまだそれに触れていた。顔の下半分からは強い性格がうかがわれ、厚い、垂れた唇、長くまっすぐなあごは464510なまでの決断力を思わせた。手紙は受け取りましたか?」と彼は太い、耳障りな声、ひどく目立つドイツなまりで尋ねた。「訪問することは伝えました。」彼はどちらに話しかけてよいのかわからないというように私たちを代わる代わる見た。「どうぞお座りください」とホームズが言った。「これは友人で同僚のワトソン博士で、時折事件で助けになってくれています。ところでどなた様でしょうか?」「フォン・クラム伯爵と呼んでもらって結構、ボヘミアの貴族です。こちらの紳士、あなたの友人は、きわめて重要なことを打ち明けて差し支えない、124547を重んじ、28456218ある方と思いますが。さもなくば、よほどあなた一人と話したいのですが。」




                    〰 おもしろ「ことば変換」〰        face-72-girl-lady-a.png

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。



(7)ゆっくりとした重々しい足音が階段、そして廊下に聞こえ、ドアのすぐ外で止まった。それから大きな、 有無を言わさぬノックの音がした。「どうぞ!」とホームズは言った。六フィート六インチはくだらない身長で、胸も四肢もヘラクレスのような男が入ってきた。その豪華な服はイギリスでは悪趣味に近いものと見られる豪華さであった。ダブルのコートの袖口や胸には重厚なアストラカンの帯状のスラッシュがつけられ、肩には炎の色のシルクの裏地の濃紺のマントをかけ、燃えるような緑柱石一つからなるブローチで首に留めていた。ふくらはぎまで伸びて、最上部を贅沢な茶色の毛皮で飾ったブーツが、外観全体の与える垢抜けのしない華やかな印象の仕上げとなっていた。つば広の帽子を手にしていたが、顔の上半分を横切り、頬骨にまだ達している黒い、目を隠す覆面をどうやらその瞬間まで直していたようで、部屋に入った時も手はまだそれに触れていた。顔の下半分からは強い性格がうかがわれ、厚い、垂れた唇、長くまっすぐなあごは頑固なまでの決断力を思わせた。「手紙は受け取りましたか?」と彼は太い、耳障りな声、ひどく目立つドイツなまりで尋ねた。「訪問することは伝えました。」彼はどちらに話しかけてよいのかわからないというように私たちを代わる代わる見た。「どうぞお座りください」とホームズが言った。「これは友人で同僚のワトソン博士で、時折事件で助けになってくれています。ところでどなた様でしょうか?」「フォン・クラム伯爵と呼んでもらって結構、ボヘミアの貴族です。こちらの紳士、あなたの友人は、きわめて重要なことを打ち明けて差し支えない、信義を重んじ、分別ある方と思いますが。さもなくば、よほどあなた一人と話したいのですが。」





                             elegant-floral-02.png



 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425275774

この記事へのトラックバック