シャーロックホームズ(24)

 

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。
初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪ありがとうございます。
物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英old-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpg国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「ボスコム渓谷の惨劇」を、小説文をまとめて読みたい人は「 全文1〜39」をクリックしてみてください。文中に「分からない語句」があれば、その部分をドラッグ後、「ウェブで検索」をクリックして、意味を確認しておいてください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、唇のねじれた男、蒼炎石、まだらのひも、空家の冒険、グローリア・スコット号、ライギット・パズル、悪魔の足、ノーウッドの建築家、患者兼同居人、曲れる者、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、株式仲買人、三枚の学生、自転車乗りの影、踊る人形、サセックスの吸血鬼、土色の顔画、同一事件、緋のエチュード、瀕死の探偵
                  ─〰〰  本日の問題  〰〰─          antique01.png



下の変換表を見ながら、さらにその下の数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、直したカナ文字を漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りに近づけると、答えが現れます。



1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869



(24)「だが僕の思い17462で なければ左側がハザレイ農場の家じゃないかな。」「ええ、そうですよ。」それは翼を広げた、62197そうな建物で、二階建てのスレート葺き、灰色の壁にはコケが大きな黄色いしみを作っていた。しかし、ブラインドが引かれ、煙突に煙のないそれは27164584219いるように見え、まるで惨事の重みがなお重くのしかかっているかのようだった。私たちは玄関口を訪ね、メイドは、ホームズの頼みに応じて、主人が死んだ時に履いていたブーツを、それから息子のものも一足、もっともこれはその時履いていたものではなかったが、見せてくれた。きわめて入念にこれらの七、八箇所におよぶ測定を終えると、ホームズは中庭への案内を12(38)353ない輝きを放っていた。顔は下に向き、肩はかがめられ、唇は固く結ばれ、長く、筋っぽい首の静脈は鞭縄のように浮き出ていた。獲物を追う純粋な動物的388633に鼻孔が広がるように見え、1421245が完全に目の前の物に集中されるため、質問や意見はその耳に無視されるか、せいぜい、気短に答える苛立ちのうなり声を引き起こすだけだった。





                    〰 おもしろ「ことば変換」〰        face-72-girl-lady-a.png

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(24)「だが僕の思い違いでなければ左側がハザレイ農場の家じゃないかな。」「ええ、そうですよ。」それは翼を広げた、快適そうな建物で、二階建てのスレート葺き、灰色の壁に はコケが大きな黄色いしみを作っていた。しかし、ブラインドが引かれ、煙突に煙のないそれは悲嘆に暮れているように見え、まるで惨事の重みがなお重くのしかかっているかのようだった。私たちは玄関口を 訪ね、メイドは、ホームズの頼みに応じて、主人が死んだ時に履いていたブーツを、それから息子のもの も一足、もっともこれはその時履いていたものではなかったが、見せてくれた。きわめて入念に これらの七、八箇所におよぶ測定を終えると、ホームズは中庭への案内を所望し、そこから私たちはそろってボスコム池へ通じる曲がりくねった小道をたどった。シャーロック・ホームズはこのように臭跡に近くなると一変した。ベーカー街の静かな思索家、論理学者を知るのみの人は彼とわからなかっただろう。彼の顔は紅潮し、陰鬱(いんうつ)になった。眉は二本の厳しい黒い線に描かれ、両眼はその下から容赦ない輝きを放っていた。顔は下に向き、肩はかがめられ、唇は固く結ばれ、 長く、筋っぽい首の静脈は鞭縄のように浮き出ていた。獲物を追う純粋な動物的欲望に鼻孔が広がるように見え、精神が完全に目の前の物に集中されるため、質問や意見はその耳に無視されるか、せいぜい、気短に答える苛立ちのうなり声を引き起こすだけだった。





                             elegant-floral-02.png



 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック