シャーロックホームズ(9)

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。

初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪ありがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英old-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpg国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「ボスコム渓谷の惨劇」と「 全文」をクリックしてみてください。文中に「意味の分からない語句」がありましたら、その部分をドラッグし、「ウェブで検索」をクリックしてみてください。最後に、おまけの「ことば変換」ブログパーツを貼ってあります。よかったら、問題文をパーツ内にコピー&ペーストし、「大阪弁」や「京都弁」など好きなものを選択して、変換してみてください。では、「ストーリー」と「解読」の面白さをお楽しみください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、ノーウッドの建築家空家の冒険、悪魔の足、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、ブルー・カーバンクル

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
クリック宜しくお願いします。
                   ボスコム渓谷の惨劇

 

変換表を見ながら、数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、それを漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りにのせると、答えが現れます。


変 換 表
1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869


12│(38)│3│14│18 → 小説



(9)52147と悔恨を示す彼の言葉は有罪のしるしというよりは9455445な心のしるしと僕には思えるよ。」私は首を振った。「ずっとわずかな証拠で絞首刑になった男はたくさんいたよ」と私は言った。「その通り。そして不当に絞首刑になった人もたくさんいたんだ。」「青年521245は事件のことを何て言っている?」「それがねえ、どうも彼を支持する者にはあまり心強いものじゃないようでね、もっとも一つ二つ14552的な点もあるが。ここにあるから自分で読んでみるといいよ。」彼は束から一部、ヘレフォードシャーの地元紙を選び出し、紙面を折り返して記事を指し示した。そこには何が起こったかについて、不幸な若者自身の供述が載っていた。私は客車の隅に腰を落ち着け、大いに2445を入れて読んだ。こんな風に書かれていた。そこで故人の一人息子、ジェイムズ・マッカーシー氏が召喚され、次のような証言をした。「私は三日間家を離れてブリストルに行っており、この前の月曜日、三日の朝に戻ったばかりでした。 私が20317(36)8した時父は家を留守にし、馬丁のジョン・コブとロスへ馬車で出かけている、とメイドに聞かさ れました。私が帰ってまもなく庭に父のトラップ馬車の12(36)4045の音がし、窓から外を見ると、父が54019急ぎ足で庭を出て行くのが見えました。もっとも父がどこへ向かっているのかはわかりませんでした。





                    〰 おもしろ「ことば変換」〰        face-72-girl-lady-a.png

下の文を、その下のパーツ内にコピペし、好きな語を選択した後、変換ボタンを押して、読んでみよう。


(9)自責と悔恨を示す彼の言葉は 有罪のしるしというよりは健全な心のしるしと僕には思えるよ。」私は首を振った。「ずっとわずかな証拠で絞首刑になった男はたくさんいたよ」と私は言った。「その通り。そして不当に絞首刑になった人もたくさんいたんだ。」「青年自身は事件のことを何て言っている?」「それがねえ、どうも彼を支持する者にはあまり心強いものじゃないようでね、もっとも一つ二つ暗示的な点もあるが。ここにあるから自分で読んでみるといいよ。」彼は束から一部、ヘレフォードシャーの地元紙を選び出し、紙面を折り返して記事を指し示した。そこには何が起こったかについて、不幸な若者自身の供述が載っていた。私は客車の隅に腰を落ち着け、大いに念を入れて読んだ。こんな風に書かれていた。そこで故人の一人息子、ジェイムズ・マッカーシー氏が召喚され、次のような証言をした。「私は三日間家を離れてブリストルに行っており、この前の月曜日、三日の朝に戻ったばかりでした。 私が到着した時父は家を留守にし、馬丁のジョン・コブとロスへ馬車で出かけている、とメイドに聞かされました。私が帰ってまもなく庭に父のトラップ馬車の車輪の音がし、窓から外を見ると、父が降りて急ぎ足で庭を出て行くのが見えました。もっとも父がどこへ向かっているのかはわかりませんでした。





                             elegant-floral-02.png



 059.gif~   明日も見に来てね   ~059.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック