シャーロックホームズ(6)

パズルのねらいは、「はじめに」に書かれています。

初めての方、いつもご愛読いただいている方、ご来訪ありがとうございます。物語は「探偵業を生業とするホームズが、友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士との絶妙なコンビネーションと巧みな推理で、難事件を解決するまでの話をワトスンが語って聞かせる」という形をとります。ホームズはあまり表には出ません。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英old-leather-book-with-brass-clasps-q90-500x311.jpg国ヴィクトリア朝時代。古臭いけど、そこがノスタルジーが感じられて、面白いところでもあります。ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は余りいません。毎回変わる登場人物に注意を払いながら、読み進めてください。ストーリーが分りにくければ、「ボスコム渓谷の惨劇」と「 全文」をクリックしてみてください。文中に「意味の分からない語句」がありましたら、その部分をドラッグし、「ウェブで検索」をクリックしてみてください。最後に、おまけの「ことば変換」ブログパーツを貼ってあります。よかったら、問題文をパーツ内にコピー&ペーストし、「大阪弁」や「京都弁」など好きなものを選択して、変換してみてください。では、「ストーリー」と「解読」の面白さをお楽しみください。
<収録作品>
ボスコム谷の謎、ボヘミアンスキャンダル、赤毛連盟、五つのオレンジの種、ノーウッドの建築家空家の冒険、悪魔の足、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン、ブルー・カーバンクル

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
クリック宜しくお願いします。
                   ボスコム渓谷の惨劇

 

変換表を見ながら、数列をカナ文字 ( カッコ付きの数字は小文字 )に直し、それを漢字または漢字と送り仮名に直してください。マウスカーソルを数列の右隣りにのせると、答えが現れます。


変 換 表
1234567891011121314151617181920212223
2425262728293031323334353637383940414243444546
4748495051525354555657585960616263646566676869


12│(38)│3│14│18 → 小説



(6)「状況証拠が犯人を指し示すとすればこれこそそうだ。」「状況証拠はきわめて375645のならないものだ」と彼は考え込むように答えた。「間違いなくまっすぐに 一つのことを示すように見えても、少し観点をずらすと、同じように567(38)3の余地なく何かまったく別のことを示していることがわかるかもしれない。とはいえ、この事件で青年に不利な状況がきわめて容易ならぬものに見えるのは認めなければならないし、彼が実際に犯人であることも大いにありうる。しかし、近くにいる地主の331334、ミス・ターナーを始め、近所には彼の335218を信じる人たちもいて、彼のために事件を解決するよう、レストレードを雇っているわけだが、ほら、『緋色の研究』に関連して思い出すだろう。いささか途方に84216レストレードが僕に事件を託したんだが、そういうわけで中年紳士二人が家で静かに朝食を消化する代わりに時速五十マイルで西へ向かって飛んでいるわけだ。」「この事件は、」私は言った、「あまりに事実が明白で君の344563830581012ようがないんじゃないかね。」「明白な事実ほど当てにならないものはないんだ」と彼は笑って答えた。「それに、ほかにもいくつか明白な事実 があるかもしれないし、それがには決して明白ではなくても、僕たちが4835445見つけるかもしれないよ。










本格的な脳トレをお考えなら「パズルで脳トレ講座」は、いかがでしょうか。講座に使用されるパズルも私が考案したもので、クロスワードパズル、お絵かきロジック、スケルトン、ナンプレ、ループ、ペントミノ、迷路パズル、経路パズル、盤面分割パズル、推理パズル、虫食い算、最適化パズルなど、既存パズルの周辺を考えたものから、まったく新しい発想、形式のものまで42種類もあり、考えさせられる問題ばかりなので、飽きずに脳トレできます。まずは、無料お試しパズルをお試しください。







全文


(6)「状況証拠が犯人を指し示すとす ればこれこそそうだ。」「状況証拠はきわめて油断のならないものだ」と彼は考え込むように答えた。「間違いなくまっすぐに 一つのことを示すように見えても、少し観点をずらすと、同じように妥協の余地なく何かまったく別のことを示していることがわかるかもしれない。とはいえ、この事件で青年に不利な状況がきわめて容易ならぬものに見えるのは認めなければならないし、彼が実際に犯人であることも大いにありうる。しかし、近くにいる地主の娘、ミス・ターナーを始め、近所には彼の無実を信じる人たちもいて、彼のために事件を 解決するよう、レストレードを雇っているわけだが、ほら、『緋色の研究』に関連して思い出すだろう。 いささか途方に暮れたレストレードが僕に事件を託したんだが、そういうわけで中年紳士二人が家で静かに朝食を消化する代わりに時速五十マイルで西へ向かって飛んでいるわけだ。」「この事件は、」私は言った、「あまりに事実が明白で君の面目の施しようがないんじゃないかね。」「明白な事実ほど当てにならないものはないんだ」と彼は笑って答えた。「それに、ほかにもいくつか明白な事実 があるかもしれないし、それがレストレードには決して明白ではなくても、僕たちが偶然見つけるかもしれないよ。






上文をコピペし、変換ボタンを押して下さい。





MyA6LC2rO3DOnlF1437995629_1437996141.jpg



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422993188

この記事へのトラックバック