はじめに

m020212.jpg




















 

皆さんは、「漢字の綴りを覚えていたら・・」と思ったことはありませんか。あったとしたら、それは文を書いた時ではありませんでしたか。本ブログは「漢字の綴りと使い方をいかに楽しく覚えられるか」を追求したもので、ブログの小説文には、漢字または漢字と送り仮名が隠された数列が散りばめられております。読者の皆さんは、変換表(数字とカナ文字が対応している表)を見ながら、それらを漢字の綴りに直していきます。ただし、いきなり直すのではなく、まずは数列を区切り、次に区切った数字を文字(漢字の読み)に直し、それから綴りに直していきます。

数列  →  数字|数字|数字|数字 →  文字|文字|文字|文字  →  漢字の綴り  
例 162103  →  16|2|10|3  →  タ|イ|コ|ウ  →  対向

ところで、数字や記号を特定の文字に変換する暗号を換字式暗号と言います。この暗号は文の全部または一部に用いられることが多いのですが(本ブログも文の一部に用いております)、その換字方法は1数字1文字対応の最も簡単なものです。それでも、数列に境目がないので、解答者は「どう区切るか」で悩みます。

例えば、 文中に162103があったとすると、区切り方の数は、16|2|10|3(タ|イ|コ|ウ)、1|62|10|3 (ア|ベ|コ|ウ)、1|6|2|10|3 (ア|カ|イ|コ|ウ)、16|21|0|3(タ|ナ|?|ウ)の4つありますが、数列の長さや数字の並び方によっては、その数がもっと増えます。数が増えれば、意味不明で、脈絡のない文字列も増えるので、そこが面白いところであります。


本パズルは完成間近のジグソーパズルと似ています。「この小説文をすき間がないように点在する数列の周囲、近傍に言葉のピースが敷き詰められている」と想定してみると、記憶の呼び戻し、言葉、数列、文全体の関係が見えてきます。皆さんは「数列にはどんな言葉が入るのだろう」「当てはまる言葉はその言葉じゃない」などと思いながら、解読するのですが、うまく解読できた時はピースが凹部分にピッタリ納まった時のような「快感」を味わうことができます。「記憶の呼び戻しは凹部分に納めるためのピース集めである、ピースは言葉であり、数列はいろんな形に見える凹部分であり、変換表、前後の句(周囲のピース)は凹部分の真の形を決定づけるヒントである」と考えていただければ、上記4つの関係がお分かりいただけるのではないでしょうか。




本パズルは、点在する凹部分(数列部分)以外は最初からピースが敷き詰められているので、凹部分にピースをはめ込む作業は割と簡単です。ただし、はめ込むピースは、手元にはなく、脳裏から探していただくことになります。ところで、漢字の暗記は紙やノートに書き写しながら覚えるのが一般的ですが、この方法だと書き写す作業のみに満足されがちで効果は薄い。学習者は「もう分かった」という状態では、記憶強化しなくなってしまうのです。その点、本パズルは、数列を解読するためには、その読み、綴りを思い出さなければならず、記憶効果は高い。「ワーキングメモリは入力するより出力するほうが効果的である」「記憶の呼び戻しは、きっかけを持つことが重要である」と言われています。その意味からも理にかなった暗記ツールであると言えます。ただし、じっくり漢字力をつけようと思っておられる方のために作られたものであり、「明日漢字テストがあるから、この範囲の漢字を覚えなければ」という方には、適していません。


「解読して覚えるより直接覚えたほうが早いに決まっている」と思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、それでは、暗記がつまらないものになってしまいます。解読による暗記は、記憶力のほか、解析力、推理力、ひらめき力が必要だからこそ、しかもストーリーも楽しめるからこそ、楽しいのです。暗記が楽しれば、例えそれに時間を費やしたとしても、その時間は決して無駄になりません。


素材となる小説、物語は「お借りし、加工しても問題がないもの」を選びました。出題される漢字は、教育漢字、常用漢字〜漢字検定2級レベルのものです。記憶保持のためそれらは間隔をあけて、再出題されます。その数は膨大ですので、長期に亘って覚えていただければ、と思っております。尚、本ブログは、漢字の統一性は保たれていません。また、難易度順に出題されている訳ではありません。



本ブログは、小説文を数十個の段落に分割し、分割した段落(700文字〜780文字)の漢字の中から、6~7個を数列化し、数列化した1段落を「本日の問題」として掲げています。一作品が終了しますと、次の作品が出題されます。



本ブログの小説文は、数列化したり、行を詰めたり、改行したりしてありますが、そうした点については、「文のスタイルを換えただけであり、文章自体を書き換えた訳ではない。著作権が切れていれば、あるいは、加工の許可が得られていれば、版権表示し、加工したところを明示すれば、自由に編集できる。一部の漢字混じりの句を数列に換え、それを元に戻すのなら、許される範囲である。」と考えております。


数列の分割は、変換表と数列とその前後を見てします。その前に、前後の句から、数列を「こんな意味になるのではないか」と推測してみます。推測でき、推測できた通りに分割できた場合は、その推測は間違ってなかったことになります。推測できなかった場合は、答えが現れるまで分割します。ただし、やみくもに分割するのではなく、分割中に現れた文字で読みが作れないかを考えながら、分割します。分割でき、言葉の読みに変換できたら、今度はそれを漢字の綴りに直します。その際、同音異義語があれば、それらの中から、適宜のものを選択し、綴りに直します。例えば、16|2|10|3(タ|イ|コ|ウ )の綴りは、大公、大綱、対向とありますが、当てはまるのは、対向となります。文にふさわしい綴りに直すことができて、初めて正解となります。

パズルはJavaScriptが組み込まれています。マウスカーソルを数列の右に近づけると、答えが現れます。→ 10164


覚えてなかった綴りや初めて見た綴りは、その場で覚えていただくことになります。意味が分からなければ、ウェブ検索で、調べておきましょう。少しずつ取り組むことで、知識が拡大されていくはずですよ。


本ブログは、その構成要素の1つである小説に対して著作権を主張できませんが、パズルに対してはできます。無断転載、複製、二次使用、配布等はご遠慮くださいますようお願いします。


「記憶の呼び戻しは数列解読過程にある」と言っても過言ではありません。あなたもパズルで、綴りの記憶を強化してみませんか。



                     




    




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック